北京の観光地は、多すぎるのが問題!

このバスにさえ乗れば、北京中心部の観光はばっちりじゃない?しかも観光用の特別路線じゃないからたった2元(約34円)!中華人民共和国の首都、北京と言えば、故宮、万里の長城、天壇公園など世界遺産の宝庫です。世界遺産の他にも新しい観光スポットもできてきています。「胡同(フートン)」と呼ばれる路地に雑貨屋さんやカフェが並ぶ南鑼鼓巷。また、国営工場跡に若手芸術家のギャラリーが集まっている798芸術区など、どちらも北京の新しい観光地として、しっかり根をおろしました。とにかく見どころが、いっぱいの北京だから観光は、効率よく、しかもお安くまわりたいものです。

北京のイスラム街、「牛街」に行く時も5路は使えますよ! 北京のイスラム街、「牛街」に行く時も5路は使えますよ!

中心部を走る便利なバス路線とは?

そこでおすすめは、5路のバスです。北京の中心は故宮です。故宮を中心に歴史遺産が散らばっています。5路の路線は、北京の中心線上にある鼓楼、故宮、景山公園、北海公園、天安門、前門を通ります。天壇公園だけは、中心部でも、ややはずれた位置にあるので回れませんが、他は全て5路の路線に入っています。北京と言えば、交通渋滞がひどいことで有名です。渋滞の影響を受けない地下鉄が便利なのですが、中心部の故宮周辺は、避けて作られています。故宮周辺の観光は、バスしかないのです。そうなると5路の出番です。

5路と同じくらい使えるもう一つの路線

また、5路と似た路線を走る124路バスもあります。こちらは鼓楼〜北海公園までは同じです。そこからは西に進むので西単に行きやすくなります。北京で知られた繁華街と言えば、王府井ですが、ここはおのぼりさんが多いところです。西単は、北京っ子が多い繁華街です。124路は西単の北側に出るので、西単には徒歩で出られますよ。また鼓楼の前には、南鑼鼓巷の北側にある鼓楼東大街を走るので、南鑼鼓巷に行く予定の人は、124路に乗るのがおすすめです。5路は、124路とは異なり、東西には、やや弱いですが、南北には強いです。天安門や前門に行く予定なら5路ですよ。

便利な5路の困った問題とは?

北京観光は、5路と124路を上手に使いわけると、かなり効率よく回れることがわかりました。北京の市内バスは、一気に値上がりしたと言っても2元(約34円)からなので、お得です。5路はガンガン活用です。ひとつだけ困った問題があるとすれば、昼間は、めちゃくちゃ混んでいます。そりゃ、これだけ充実の路線を走るのですから、仕方ないです。我慢して乗りましょう。時々、乗れないぐらい混んでいることもありますが、5路は本数も多いので、すぐ次のバスがやってきます。北京中心部の観光には、5路ですよ!