鼓楼大街駅から始まる什刹海観光

「海外旅行中国編2018/おすすめ! 地下鉄2号線に乗れば、楽、速い、簡単の北京観光」前編からの続きです。前門駅周辺の観光が終わったら、再び2号線に乗って、鼓楼大街駅を目指します。鼓楼大街駅周辺も歴史遺産の宝庫。鼓楼大街駅で降り、旧鼓楼大街通りをまっすぐ南に進めば、什刹海に到着。什刹海は北京の水源でもあり、京杭運河を使って、江南地方から運ばれた物資の集積地です。2014年には「大運河」で世界遺産にも登録されました。什刹海には、前海と后海の二つの湖があり、二つの湖を結ぶ銀錠橋は、500年以上の歴史がある美しい橋です。

鼓楼大街駅に近い鼓楼。このあたりは三輪車に乗っての胡同観光のコースになっている 鼓楼大街駅に近い鼓楼。このあたりは三輪車に乗っての胡同観光のコースになっている

什刹海周辺だから見られる北京の歴史遺産

后海の南側には、清朝の恭親王の屋敷だった恭王府、前海の北側には、明清代の時計台だった鼓楼と鐘楼があります。冬なら氷がはった后海の上でスケートや氷点下でも寒中水泳を楽しむ市民の姿が見られますよ。また、什刹海周辺は、四合院造りの伝統家屋が集まっているところ。故宮からも近く、官僚や王族が住んでいた地区だけに立派な四合院が多く、見ごたえあり。残念なことに鼓楼と鐘楼周辺は再開発が進んでしまいましたが、什刹海周辺は、今も四合院に北京ッ子が暮らしている姿をかいま見られる場所です。

氷がはった什刹海では、椅子に乗って、氷の上を滑る人が見られる 氷がはった什刹海では、椅子に乗って、氷の上を滑る人が見られる

雍和宮駅周辺の歴史遺産に行ってみよう!

鼓楼大街駅周辺の観光のあとは、雍和宮駅に向かいましょう。雍和宮は、清代に築かれた北京最大のラマ教寺院である雍和宮です。清朝の皇帝の出身である満州族が信仰していた宗教の寺院なので、財力はあります。とにかく面積が広大で伽藍、仏像ともに豪華絢爛! 雍和宮の西側には、元から清代の最高学府である国子監、孔子を祀った孔子廟があります。国子監と孔子廟が並ぶ国子監街は、並木道のせいか落ち着いた雰囲気の通り。おしゃれなお店やカフェがほどよく集まっていて、お茶タイムはここでどうですか? 時間があれば、国子監街の北側にある五道営にも足を延ばしてみましょう。細い胡同(路地)におしゃれなカフェやショップが集まっています。

雍和宮駅で降りれば、国子監は、徒歩数分で到着! 雍和宮駅で降りれば、国子監は、徒歩数分で到着!

まだまだ使える地下鉄2号線の駅

前門、鼓楼大街、雍和宮の3駅は、地下鉄2号線の駅の中でも歴史遺産が集まっているところですが、他にもまだまだ、観光に使える駅があります。和平門駅で降りれば、明代に琉璃瓦を焼く窯が置かれていたころから名がついた瑠璃廠も徒歩圏。琉璃廠は、芸術や書道関係の書籍、文具の専門店街です。阜成門駅なら歴代帝王廟、白塔寺も近い。積水潭駅は明代に建設された北京城の九城門のひとつである徳勝門箭楼もすぐ、そばです。地下鉄2号線って、本当に便利。北京の大渋滞に巻き込まれることなく、楽、速い、簡単に北京の歴史遺産巡りができますよ。バス派の私も見直しました。北京中心部の観光をするなら、地下鉄2号線を利用してみませんか!

阜成門駅のそばにある白塔寺。白塔寺の周囲は、今も四合院造りの家屋が残っている地区なので散歩が楽しいところ 阜成門駅のそばにある白塔寺。白塔寺の周囲は、今も四合院造りの家屋が残っている地区なので散歩が楽しいところ