観光スポット「乾陵博物館」の旅行情報

観光スポット「乾陵博物館」の旅行情報

乾陵博物館

名称:乾陵博物館(中国/北京
ジャンル:観光スポット

西安の西北約75キロメートルに位置する乾陵(チェンリン)。ここは唐第3代皇帝の高宗の陵墓で、標高1048メートルの梁山を利用して造られている。高宗は中国唯一の女帝、則天武后の夫。則天武后も死後、ここに合葬されている。参道には馬、武官、文官などの石像がズラリと並ぶ。この乾陵から、唐の時代に陵墓の前に多数の石刻を並べるようになったという。陵墓の南東には17の陪塚があるが、そのうち5つはすでに発掘が済んでおり、4300点あまりの出土品が乾陵博物館に展示されている。官女たちの壁画が有名。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!北京の観光スポット最新情報

2017/08/04 観光地・名所

塔好きにもおすすめ! 北京の真覚寺金剛宝座塔に行ってみよう!

北京旅行イメージ-陝西省西安の大雁塔。三蔵法師がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられました 陝西省西安の大雁塔。三蔵法師がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられました

北京石刻芸術博物館の中にある塔を見た瞬間、「いったい何風なんだろう?」と不思議な感じがします。今まで見てきた中国の塔とは、スタイルが違いすぎて、変わっているとしか言えません。日本人に一番知られている中国の塔と言えば、古都西安の大雁塔? 傾いているので有名な蘇州の霊岩寺塔あたり? 日本人旅行者が多い新疆ウイグル自治区のトルファンの蘇公塔も意外と知っている人が多いかもしれません。中国各地で見られる塔は、建設された時代、場所によってスタイルが異なります。屋根、外壁、梁なども違っているので、中国らしい塔を説明するのも難しいのですが、石刻芸術博物館の中にある金剛宝座塔は変わった形をしています。続きを見る



北京旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

北京ツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

乾陵博物館への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。