観光スポット「陜西歴史博物館」の旅行情報

観光スポット「陜西歴史博物館」の旅行情報

陜西歴史博物館

名称:陜西歴史博物館(中国/北京
ジャンル:観光スポット

1991年に開館した、中国文化の源である西安を中心とした陝西省各地の出土品を収蔵している歴史博物館。展示室は年代順に3つに分かれている。先史時代から周、秦代までの第1展示室は青銅器が見もの。第2展示室は漢から魏晋南北朝。第3展示室は隋・唐から清代までで、彩り豊かな唐三彩は必見。また地下には各地の陵墓から発見された唐代の巨大な壁画が納められている。特に有名なのは永泰公主墓や章懐太子墓などから発見されたもの。色鮮やかな色彩で描かれ、当時の生活が偲ばれる。展示物はもともと碑林博物館に納められていたものが多い。この歴史博物館ができたことにより、碑林博物館は石碑などの石刻中心の展示となっている。

ここに行くツアーを探す

陜西歴史博物館に関する写真

現地ガイド発!北京の観光スポット最新情報

2017/12/08 観光地・名所

昔懐かしの市場が消えていく中国。その中で、市場巡り好きの旅行者は市場を探そう!

北京旅行イメージ-野菜、肉なんでも売っていた崇文門菜市場。粉ものの屋台もあり、通っていましたが、2010年頃、なくなりました 野菜、肉なんでも売っていた崇文門菜市場。粉ものの屋台もあり、通っていましたが、2010年頃、なくなりました

中国西南部の端っこの雲南省でも首都の北京でも、市場、それも昔ながらの市場をぶらぶらしてみたい。中国西南部に位置する雲南省の小さな町なら、昔ながらの市場は、きっと路上市場です。北京のような大都市なら昔ながらの市場と言っても、屋内で扱っている項目でコーナーが分かれているところです。どんな市場であっても市場巡りは、旅行者には新鮮で楽しい。地元の人が日々利用している市場は、立派な観光名所の一つです。私が北京に留学していた2006年頃、地下鉄崇文門駅前にある「崇文門菜市場」がお気に入りでしたが、今は、もう残っていません。中国の市場は、大都会であれ、地方都市であれ、再開発によってどんどん消えていっています…続きを見る



北京旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

北京ツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

陜西歴史博物館への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。