観光スポット「茂陵」の旅行情報

観光スポット「茂陵」の旅行情報

茂陵

名称:茂陵(中国/北京
ジャンル:観光スポット

西安郊外約40キロメートルにある漢の武帝・劉徹の墓、茂陵(マオリン)。中央集権体制の強化、シルクロードの開拓などの功績を残し、前漢の黄金時代を築いた武帝だが、この墓は即位後すぐに建造が始められ、完成まで50年以上かけたという。方形で、高さ46.5メートル、総面積5400平方メートル。周辺には前漢期の皇帝の陵墓が9つあるが、その中でも最大のもの。茂陵の東にあるのが、茂陵の陪葬墓のひとつで、武帝の重臣、名将・霍去病の墓。死後、武帝により手厚く葬られたという。必見は墓の前の茂陵博物館にある、自然石を生かした動物の石刻。中国の彫刻の初期作品で、匈奴を踏む馬、臥牛など前漢期の傑作がそろっている。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!北京の観光スポット最新情報

2017/12/08 観光地・名所

昔懐かしの市場が消えていく中国。その中で、市場巡り好きの旅行者は市場を探そう!

北京旅行イメージ-野菜、肉なんでも売っていた崇文門菜市場。粉ものの屋台もあり、通っていましたが、2010年頃、なくなりました 野菜、肉なんでも売っていた崇文門菜市場。粉ものの屋台もあり、通っていましたが、2010年頃、なくなりました

中国西南部の端っこの雲南省でも首都の北京でも、市場、それも昔ながらの市場をぶらぶらしてみたい。中国西南部に位置する雲南省の小さな町なら、昔ながらの市場は、きっと路上市場です。北京のような大都市なら昔ながらの市場と言っても、屋内で扱っている項目でコーナーが分かれているところです。どんな市場であっても市場巡りは、旅行者には新鮮で楽しい。地元の人が日々利用している市場は、立派な観光名所の一つです。私が北京に留学していた2006年頃、地下鉄崇文門駅前にある「崇文門菜市場」がお気に入りでしたが、今は、もう残っていません。中国の市場は、大都会であれ、地方都市であれ、再開発によってどんどん消えていっています…続きを見る



北京旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

北京ツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

茂陵への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。