page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「ハルピンの街」の旅行情報

ハルピンの街

名称:ハルピンの街(中国/北京
ジャンル:観光スポット

もとは小さな漁村だったハルピン。19世紀末から帝政ロシアが東清鉄道を建設し、その支配下に置かれた。その後日本が占領。そのため街にはロシア風の建築物が多く、日本風の建築物も残っている。現在は黒龍省の省都として機能している。街を歩くなら、まず中央大街へ。美しい石畳の街で両側にはロシア風の建物が並ぶ。地段街沿いのビザンチン様式の影響を受けた聖ソフィア教会も壮麗だ。松花江岸にはスターリン公園が広がり、対岸は人気リゾート太陽島が浮かぶ。兆麟公園は毎年1月から行われる氷祭りが有名。ほかに日本の七三一部隊について展示されている七三一細菌部隊罪行陳列館、孔子を祀った分廟などが見どころ。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!北京の観光スポット最新情報

2018/12/05 観光地・名所

海外旅行中国編2018/おすすめ! わかるともっと楽しい北京の四合院の門めぐり

北京旅行イメージ-金中(大)門。光亮(大)門と比べると、外に向かって八の字型に開いていないのが特徴 金中(大)門。光亮(大)門と比べると、外に向かって八の字型に開いていないのが特徴

三輪車に乗って、「胡同(フートン)」と呼ばれる路地を観光するのは、北京のおすすめツアーのひとつ。日本人にはなかなかハードルが高いのですが、最近はシェアサイクルを借りて、胡同をまわるのも流行っています。もちろん歩いて回ってもオッケー。「四合院(スーフーユェン)」と呼ばれる伝統家屋が残っている胡同は、まさに北京の下町。庶民の暮らしがダイレクトに感じられるところがおもしろい。四合院とは、庭を中心に東西南北を部屋(棟)に囲まれた建築様式です。四合院の家を見ていると、門の種類の多さに気がつきます。特に北京中心部の后海や南鑼鼓巷に近い胡同は、清朝の皇族や官僚が多く住んでいたところです。様々な門を見ていると…続きを見る



北京旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

北京ツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ハルピンの街への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。