page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「明の十三陵」の旅行情報

明の十三陵

名称:明の十三陵(中国/北京
ジャンル:観光スポット

北京の北約50キロメートルに位置する一大陵墓群。明の3代皇帝の永楽帝から最後の16代崇禎帝まで13人の陵墓が点在している。13陵墓のうち現在公開されているのは3カ所。長陵は成祖永楽帝と皇后の陵墓で、13陵のうち最大、最古のもの。長陵までの参道にはズラリと石像が並ぶ。昭陵は12代皇帝隆慶帝のもの。いちばんの見どころとなるのが定陵で、第13代万暦帝と2人の皇后の陵墓。深さ27mの地下宮殿には棺や副葬品が置かれていた。現在、この地下宮殿も公開している。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!北京の観光スポット最新情報

2021/01/03 観光地・名所

薬の老舗「同仁堂」が始めた話題の養生カフェ「同仁堂知嘛健康」

北京旅行イメージ-薬の老舗「同仁堂」の養生カフェ「同仁堂知嘛健康」外観。 薬の老舗「同仁堂」の養生カフェ「同仁堂知嘛健康」外観。

北京の老舗薬局としてよく知られる「同仁堂」(中国語の発音はトンレンタン)は創業1669年。18世紀には清朝の宮廷に設けられた薬局に薬を納める指定業者となり、それをきっかけに名声をとどろかせていくようになります。贅沢な生活で知られた西太后も「同仁堂」に薬を処方するように命じ、処方された「烏鶏白鳳丸」を服用していました。その後も激動の時代をくぐり抜け、今も中国最大級の薬局として営業を続け、世界的にもよく知られて、前門にある本店は北京の観光名所ともなっています。これほどの歴史のある薬局ですが、最近、若い世代にむけ、中国医学、薬学の伝統とからめたカフェ「同仁堂知嘛健康」(トンレンタンジマジェンカン)の…続きを見る



北京旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

北京ツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

明の十三陵への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。