長沙(チャンシャー)旅行・長沙(チャンシャー)観光徹底ガイド

長沙(チャンシャー)旅行・長沙(チャンシャー)観光徹底ガイド

長沙(チャンシャー)旅行・観光の見どころ・観光情報

長沙は、約661万の人口を抱える湖南省の省都。春秋戦国時代は、楚の国に属していた長沙の歴史は古く、現在も政府から国家歴史文化名城の認定を受けている。長沙は世界遺産の張家界や鳳凰古鎮への起点となる町だが、市内の観光名所はさほど多くはない。おすすめの観光名所は、市内の中央を流れる湘江の西側に集まっている。岳麓山は湘江西岸に広がっている景勝地。岳麓山の東麓には、北宋の開宝9(976)年に創建された岳麓書院がある。郊外には、毛沢東の生家がある韶山風景名勝区がある。ツアーでは、四川料理に負けず劣らず辛い、湖南料理が楽しめる。(2016年9月編集部調べ)

長沙(チャンシャー)へ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
中国語 CYN 約5時間 約-1時間

長沙(チャンシャー)の人気問合せ情報

長沙(チャンシャー)の最安値カレンダー

長沙(チャンシャー)旅行・観光の選び方

三国志の史跡巡りと、辛いけれどさっぱりした湖南料理を楽しむ旅

長沙を訪れるツアーは、現在、あまり多くはない。武漢、荊州とあわせて訪れる三国志の史跡巡りツアーが一般的だ。ツアー期間は、だいたい6日間ぐらい。荊州では、三国志の主役のひとりである劉備玄徳とゆかりがある荊州古城を訪れる。武漢では、呉の孫権が最初に建立した黄鶴楼を見学する。食事は、本場の湖南料理が楽しめる。湖南料理は、四川料理と同じく辛いが、油がかなり控えめなので日本人には食べやすい。また、湖南省では、蒸菜と呼ばれるスチーム料理が有名。ヘルシー志向の人におすすめの料理だ。(2016年9月編集部調べ)


長沙(チャンシャー)のグルメ・伝統料理

長沙のある湖南省の湖南料理と言えば、中国でも大きなブームが何度もあった人気料理。辛くて酸っぱいが油が少なめなので、日本人の口にもあう。豚のスペアリブを竹筒に入れて蒸した「竹筒蒸排骨」などの名物料理も、ツアー中の食事で味わえるだろう。「瀏陽蒸菜」と呼ばれる郷土料理は、小さなお皿で肉や野菜のおかずを蒸したもの。好きなおかずとごはんを選んで食べる。おかずもごはんも少量なので、何種類も食べられるのが楽しい。また、長沙は「臭豆腐」などのB級グルメも充実している。(2015年編集部調べ)

長沙(チャンシャー)のショッピング情報

長沙で買い物をするのなら、五一大道に西側、地下鉄「五一広場」駅周辺がおすすめ。ホテルや新世界百貨店や日本資本の平和堂などのショッピングモールが集まっている。ショッピングモールの中にはスーパーマーケットも入っているので、そこでお土産探しもできる。「湘繍」と呼ばれる刺繍製品や菊の花模様が入った石を彫った「菊花石彫」は高級品なので専門店に行くのが良い。湖南省名産の「龍牌醤油」なら、お手頃な値段なのでスーパーで買うのがおすすめ。(2015年編集部調べ)

長沙(チャンシャー)の気温・降水量ベストシーズン情報

旅行のベストシーズンは雨季の終わった9月から11月。真冬でも零下を下回る日が少なく、長沙は温かいと思われているが、冬の長沙の体感温度は低く、非常に寒い。天気が良い冬に訪れるなら、服装は日本の冬と同じものを準備しよう。(2015年編集部調べ)

長沙(チャンシャー)の人気ツアー

長沙(チャンシャー)旅行・長沙(チャンシャー)観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top