page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

長沙(チャンシャー)グルメガイド

長沙(チャンシャー)のグルメ・伝統料理

長沙のある湖南省の湖南料理と言えば、中国でも大きなブームが何度もあった人気料理。辛くて酸っぱいが油が少なめなので、日本人の口にもあう。豚のスペアリブを竹筒に入れて蒸した「竹筒蒸排骨」などの名物料理も、ツアー中の食事で味わえるだろう。「瀏陽蒸菜」と呼ばれる郷土料理は、小さなお皿で肉や野菜のおかずを蒸したもの。好きなおかずとごはんを選んで食べる。おかずもごはんも少量なので、何種類も食べられるのが楽しい。また、長沙は「臭豆腐」などのB級グルメも充実している。(2015年編集部調べ)


長沙(チャンシャー)のレストラン・屋台

長沙で食事をするなら、長沙駅前から東西に走る五一大道の西側に行ってみよう。五一広場付近は歩行者天国になっており、この周辺にレストランや食堂が集まっている。中でも「火宮殿」は、260年以上の歴史がある老舗で、毛沢東も通っていたと言われるレストラン。臭豆腐をはじめ、料理の種類も多く、お手頃な値段で長沙の味を楽しめるのでおすすめ。また長沙は屋台も多く、臭豆腐、米粉など小吃(スナック)の種類が豊富な街だ。長沙のB級グルメも満喫できる。

長沙(チャンシャー)の水・お酒

中国の水道水は、料理や飲料にも使えるが、必ず沸かしてから使おう。ホテルの部屋には、必ず湯沸しポットがあるので、沸かすのには困らない。飲料水は「鉱泉水」と呼ばれるミネラルウオーターがスーパーや商店で手に入るので、これを飲めば安心だ。お酒なら、湖南省産の「白沙液」、「酒鬼酒」を飲んでみよう。コーリャンで作った白沙液はアルコール度数が39から54度まで、全部で4種類あるが、どれも非常に強いので、量はほどほどに。


現地ガイド発!長沙(チャンシャー)のグルメ・料理最新情報

2018/08/14 グルメ

中国プチグルメ旅(7) あっさり軽い辛さにはまる! 湖南省瀏陽の蒸し料理

長沙(チャンシャー)旅行イメージ-蒸菜は、どれも色鮮やか! 油をあまり使っていないので、胃がもたれない 蒸菜は、どれも色鮮やか! 油をあまり使っていないので、胃がもたれない

業務用の巨大な蒸籠のふたをあけると、中には小鉢がいっぱい! 野菜の鮮やかな緑や唐辛子の赤がつやつやして、とにかくおいしそう! 実際に食べてみると、辛いけど軽い! 四川料理の油たっぷりの重い辛さしか知らなかった私には、衝撃の軽さでした。私が初めて「蒸菜(ジョンツァイ)」と呼ばれる蒸しもの料理を食べたのは、安徽省合肥です。安徽省は、沿岸沿いにある浙江省の西側にあり、省都は合肥です。合肥に住む中国人の家に行った時、団地の中庭には、何軒か食堂がありました。そのうちの一軒が蒸菜の食堂でした。初めて食べた蒸菜は、料理の赤と緑が鮮やかで、美味しくて、お値段も安く、気に入ってしまいました。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


長沙(チャンシャー)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる長沙(チャンシャー)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
長沙(チャンシャー)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!