成都(チェントゥ)グルメ・料理ガイド

成都(チェントゥ)グルメガイド

成都(チェントゥ)のグルメ・伝統料理

成都の郷土料理であるは四川料理は、四川省とその周辺省などで形成された料理の系統で、唐辛子と山椒の実を多用する「麻辣(辛くてしびれる)」味の食事が特徴。麻婆豆腐や青椒肉絲、担担麺など、日本でもおなじみの料理が多いが、本場の味は日本のものとかなり異なる。成都はそんな四川料理の本場として有名なグルメの町。おすすめは賽の目に切った鶏肉とピーナツを唐辛子とともに炒めた宮保鶏丁や、辛い鍋料理の火鍋、ゆでワンタンの抄手など。(2015年編集部調べ)


成都(チェントゥ)のレストラン・屋台

成都には各所に飲食店があり、食べる所には困らない。手ごろな食堂から高級レストランまで、選択肢もさまざま。繁華街の総府路周辺には、四川料理はもちろんのこと、北京料理や広東料理といった全国各地の中国料理店や外国料理店も多い。そのほか、錦里や寛乍巷子、文殊坊といったレトロな街並みを再現したスポットには、軽食が買える屋台や大小さまざまなレストランが集まっており、大勢の市民や観光客が食事に訪れる。寛乍巷子と錦里にはカフェやバーも多い。

成都(チェントゥ)の水・お酒

中国の水道水は硬水のため、そのまま飲むとお腹を壊すことがある。煮沸して飲むか、またはミネラルウォーターを購入するとよい。ペットボトル入りの水やソフトドリンクなどの飲み物は、商店やスーパーなどどこでも入手可能だ。ビールなどのお酒もよく飲まれており、商店で購入できる。なお、四川省は白酒の産地として知られ、いくつもの銘酒があり成都でも容易に手に入れることができる。なお、中国には飲酒についての法律による年齢制限はない。


現地ガイド発!成都(チェントゥ)のグルメ・料理最新情報

2016/09/03 グルメ

中国は今、総健康ブーム 今、陳麻婆豆腐の辛さはどうなっている?

成都(チェントゥ)旅行イメージ-真っ黒な花椒とたっぷりの油! 油とセットになった重い辛さが四川料理の辛さ 真っ黒な花椒とたっぷりの油! 油とセットになった重い辛さが四川料理の辛さ

「うわあ、表面が真っ黒。辛すぎて食べられない…。」四川省の成都で初めて名物の麻婆豆腐を食べた時、いや、食べる前から衝撃でした。大量の花椒で真っ黒け。食べると唇がじじ〜んとしびれました。生まれてからこの日まで体験した辛い料理が、全く辛くない料理に思えるほど辛かった。中国の西南部に位置する四川省は、山が多く、省都の成都は、周辺を山に囲まれた盆地です。夏はねっとり蒸し暑いところです。こんな気候なので、汗をかいて新陳代謝を促すために、香辛料を多用した辛い料理が生まれたと言われています。10数年前、私が初めて食べた「陳麻婆豆腐店」の麻婆豆腐は、あり得ないほど辛い料理でした。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


成都(チェントゥ)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる成都(チェントゥ)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
成都(チェントゥ)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!