私が四川省で担々麺を食べると、モヤモヤする訳

四川省で担々麺を食べると「担々麺と雑醤麺(ザージャンミェン)は同じじゃない? どこが違うの?」と、思ってしまいます。担々麺と言えば、四川名物の日本人も大好きな麺です。雑醤麺は北京名物のジャージャー麺の四川版です。日本では汁ありの担々麺が主流ですが、中国では担々麺と言えば、汁なしの混ぜ麺です。「担々」とは、四川方言で天秤棒という意味があります。天秤棒で売りに来る麺なので、担々麺という名がつきました。天秤棒に麺をゆでるお湯と調味料とお碗を持って、売り歩いたのが担々麺の始まりです。

比較しても、わから〜ん! 四川省の担々麺と雑醤麺(ジャージャー麺)の違い 比較しても、わから〜ん! 四川省の担々麺と雑醤麺(ジャージャー麺)の違い

四川省では、麺は汁なしが主流だ!

担々麺の由来はさておき、四川省では、汁なし麺を好んで食べます。この汁なし麺がどれもことごとく担々麺にそっくりです。担々麺の味付けは上にのっける肉みそに、辣油、花椒、醤油、そして芝麻醤(ゴマダレ)が基本です。芝麻醤が入るので、まろやかで重い辛さになります。トッピングはピーナッツです。「雑醤麺」、「渣渣麺(ジャージャーミェン)」は、見た目も味も見分けがつかないほど担々麺に似ています。雑醤麺は、本場の北京では肉みそ、きゅうり、にんじんなどをのせ、黄醤と甜麺醤を一緒に混ぜて食べます。四川版は担々麺と同じく具は肉みそだけです。

こんなにある担々麺にそっくりな麺!

「燃麺(ランミェン)」と言う麺もあります。食べると、辛くて体が熱くなるので、燃麺と呼ばれる激辛麺です。汁なしで担々麺に似てます。燃麺はやっと違いがわかってきました。芽菜と呼ばれる野菜が入っいて、肉みそが濃い茶色をしています。また、「渣渣麺」の「渣」には、四川方言でクズとか小さいものという意味があります。担々麺と比較してみると、肉みその粒がとっても小さい。これが担々麺との違いです。雑醤麺については、違いは全くお手上げで、もう四川人に教えてもらうしかありません。

四川人に聞いてみると、答えは出たか?

「担々麺と雑醤麺の違いがわかりますか?」と四川人に尋ねると、「当り前だ。わかるさ」と即答! でも、具体的な違いは誰も答えられません。「やっぱり、同じじゃないの?」と言うと、「いや、違う」と堅くなです。もしかして四川人もわかってないのかも? 味付けやトッピングの多少の違いは麺の種類というよりも店の特徴で、担々麺と雑醤麺は、実は同じじゃないの? 芝麻醤をわずかに多く入れると担々麺、少ないと雑醤麺と呼ぶなど、店ごとに決まりがあるのでは? 私の担々麺と雑醤麺の違いがわからないモヤモヤ感は、まだまだ続きそうです。