成都では、麺を食べたい時、どれを食べるか決められない!

「今日のお昼は、とりあえず麺にしよう!」。しかし何を食べるか決めたものの名物麺が多すぎて、どの麺を食べるか、決められない。成都の名物麺って本当に豊富です。中国西南部に位置する四川省の成都は、山に囲まれた盆地なので、年間を通してはっきりしない気候です。そのため、新陳代謝をよくするために辛い料理をよく食べ、発汗作用を促すことは、日本でもすっかりおなじみです。麻婆豆腐発祥の地でもあり、「串串香」と呼ばれる火鍋など、日本のテレビでも辛い料理をとりあげることがよくあります。しかし麺に限れば、「担担麺」以外は特に注目されてません。中国人には「間違っている」と言われそうですが、私には成都は、中国でも相当、名物麺が多い町に思えます。

多くの中国人に知られている、麺がおいしい町

中国で麺と言えば、北京の西側に位置する山西省をイメージされる方が多いと思います。中国の麺のふるさとでもあり、堅い生地を刀で削って作る刀削麺は、山西省を代表する麺です。また、陝西省西安も麺がおいしい町で知られています。山西省と西安の麺が有名すぎて、成都は中国人の間でも特に麺がおいしい町とは思われていません。ただし、住んでみると、成都って、本当に麺の種類が豊富でおいしい町です。担々麺をはじめ、「干素椒(ガンスージャオ)」、「渣渣麺(ジャージャーミェン)」、「撻撻麺(ダーダーミェン)」、「甜水麺(ティエンシュイミェン)」、「鋪蓋麺(プーガイミェン)」などなど。名物麺がこんなに多い町って、なかなか他にはありません。

甜水麺は、日本のクイズ番組で「伊勢うどん」のルーツかもしれないといわれたこともある 甜水麺は、日本のクイズ番組で「伊勢うどん」のルーツかもしれないといわれたこともある

担々麺にそっくりな二つの麺とは?

成都では、担々麺によく似た干素椒もよく食べられています。担々麺よりも麺にかかっている豚肉が細かく、もっと辛い麺です。汁なしの混ぜ麺なので、一見、担々麺にそっくりです。また、渣渣麺も汁なしの混ぜ麺です。しかも肉みそがかかっているので、これも担々麺にそっくり。実は私は、渣渣麺と担々麺の違いが、わかっていません。担々麺より心持ち汁っぽくて、肉みそが細かいのが渣渣麺かなと思っています。渣おばさんが余った肉で作ったので、渣おばさんの名前が麺の名前になったとも言われています。成都名物ではありませんが、「燃面(ランミェン)」も人気の麺です。これも汁なしの混ぜ麺なので、担々麺風です。芽菜と呼ばれる漬物とピーナッツが入っていると、燃面になります。

干素椒は、担々麺にそっくり! 肉みそがもっと汁っぽいのが担々麺? 干素椒は、担々麺にそっくり! 肉みそがもっと汁っぽいのが担々麺?

成都の麺は、どれも違いがはっきり個性的!

撻撻麺は幅広の汁麺です。甜水麺は、汁無しの超極太うどんです。唐辛子、ザラメ砂糖がかかっており、甘辛くて、けっこう日本人向きです。甜水麺は、その他の成都名物の麺と違い、主食というよりもおやつの位置づけです。鋪蓋麺は、生地の形が変わっています。包丁を使わずに生地を手で丸く、時には四角く、のばしているだけの麺です。丼の表面を覆うように大きな麺は、まさにふとん! そのため中国語でふとんを意味する「鋪蓋(プーガイ)」が麺の名前になっています。成都人は、汁面よりも混ぜ麺好きのようです。私も混ぜ麺派です。汁麺派も混ぜ麺派も麺好きなら、成都の麺を食べ歩いてみませんか!

鋪蓋麺は鶏のスープを使い、麺の下にひよこ豆が入っているのが特徴 鋪蓋麺は鶏のスープを使い、麺の下にひよこ豆が入っているのが特徴