page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行中国編2019/これは美味しい!重慶で人気の「小麺」を食べに行こう!


掲載日:2019/05/05 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 重慶(チョンチン)

タグ: おいしい スパイシー料理 安い 行列のできる店 辛い 麺類


重慶人がこよなく愛する「小麺」とは?

秦雲老太婆攤攤麺の小麺(小)は、たった6元(約108円)。写真は汁あり 秦雲老太婆攤攤麺の小麺(小)は、たった6元(約108円)。写真は汁あり

泊まっているお宿のすぐそばに人気店の支店があっても、やっぱり本店で食べてみたい! こんなことはありませんか? 中国西南部の大都市、重慶の名物と言えば、「小麺(シャオミェン)」です。実は、この小麺は、中国では担担麺よりも何倍もメジャー。辣油がたっぷり入った麺で汁あり、汁なしの2種類。厳密にいうと、具は青菜のみらしいですが、牛肉入りやエンドウ豆と肉そぼろ入りも小麺の一種になります。小麺は、重慶人の朝ごはんであり、毎年人気ランキングが様々な媒体で発表されます。重慶人の故郷の味でもあり、重慶を語る時に絶対にはずせません。この小麺のランキング1位に君臨するのが「秦雲老太婆攤攤麺」。2019年3月にとうとう秦雲老太婆攤攤麺の本店と支店に行ってきました。

※1元=約16.6円。2019年4月時点

小麺ランキングトップ50の1位に君臨する「秦雲老太婆攤攤麺」

軽軌2号線「較場口」駅出口前にある秦雲老太婆攤攤麺の支店で食べた豌雑麺(小)は14元(約252円) 軽軌2号線「較場口」駅出口前にある秦雲老太婆攤攤麺の支店で食べた豌雑麺(小)は14元(約252円)

秦雲老太婆攤攤麺とは、秦雲おばあさんの攤攤麺と言う意味です。攤攤麺の発音は、四川省の担担麺にそっくり。味も似ていますが、調味料が異なります。重慶の小麺ランキング50強のトップに君臨する秦雲老太婆攤攤麺は、重慶中心部に数多くの支店があります。私が泊まっているお宿に近いモノレールの「較場口」にもあり、ここの小麺も文句なしに美味しいです。本店は、重慶中心部の渝中区ではなく、やや外れた九龍坡区にあります。渝中区のこぎれいな支店と違い、本店は古く、歴史のある雰囲気。でも、本店は中央電視台の食のドキュメンタリー番組「舌尖上的中国(第二シーズン)」で大々的に取り上げられ、重慶どころか全国区で知られるようになりました。この本店にずっと行ってみたかったのです。

近所の人は、みんな知っている秦雲老太婆攤攤麺の本店

秦雲老太婆攤攤麺の本店。九龍坡区建設廠3号門家属区内。6時〜20時 秦雲老太婆攤攤麺の本店。九龍坡区建設廠3号門家属区内。6時〜20時

秦雲老太婆攤攤麺の本店があるのは、楊家坪のバス停から徒歩10分ほどの場所のはずですが、わかりません。不動産屋に飛び込み、「秦雲老太婆担担麺には、どうやって行ったらいいですか?」と尋ねると、「国美電器の横の路地に入って、あとはその辺の人に聞きなさい。みんな知ってるから」と言われました。国美電器の路地は、屋台街になっており、下町の雰囲気満点。この路地をとにかくまっすぐ進めばいいようです。わからなくなり、暇そうな人に尋ねると、やはりまっすぐとのこと。古いアパートの間の道をつき進むと、見えてきました。麺をゆでている大鍋の横には、丼がずらーっと並んでいました。油をベースにした秘伝の調味料らしきものも入っています。ああ、何もかもテレビで見たのと同じです。

小麺ランキング1位の小麺のお味とは?

大鍋の横に並んだ丼。ここに次々と辣油や唐辛子が加えられていく 大鍋の横に並んだ丼。ここに次々と辣油や唐辛子が加えられていく

注文したのは、もちろん青菜だけの小麺。番組では、ご主人が油、辣油、生姜、唐辛子、花椒、にんにくなどを入れ、麺と混ぜ合わせると、ネチネチッと音がするほど、こってり重い小麺の調味料を作っていました。小麺が運ばれてきました。私は「微辣(やや辛)」にしてもらったのですが、スープは真っ赤。唐辛子と油、にんにくが入り混じった食欲をそそる香りがふわーっと浮き上がってきました。微辣のはずなのに唇がしびれるほどの辛さは、まさに重慶の味。でも、鋭い辛さではなく、深みがあり、じわっと来ます。ねっとりと吸い付くような麺と辣油の相性も最高。1位の小麺を一気に食べました。ここまで食べに来て、本当に良かった。担担麺はもちろん、麺好きなら、重慶に行った時は、秦雲老太婆攤攤麺を食べに行ってみませんか!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/05)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索