今、重慶で一番有名な観光地とは?

楼閣全体がライトアップされると「うわ〜っ、きれい!」。中国の伝統家屋風の建物が輝いて、なんだかエキゾチックな感じ。「洪崖洞(ホンヤートン)」の夜景は、今や重慶の顔と言ってもいいような観光地になっています。中国の西南部に位置する重慶市は、長江と嘉陵江の合流点に市の中心部がある大都市です。重慶はもともと平地が少なく、坂の多い町です。丘陵地帯に高層ビルが立ち並ぶ姿は、まさに要塞。重慶の別名が「山城」と呼ばれているのも納得の風景です。洪崖洞は、嘉陵江に面した山城の象徴的な建築群です。

重慶市は、中国で5番目の大都市。高層ビルの多さに驚きますよ 重慶市は、中国で5番目の大都市。高層ビルの多さに驚きますよ

中国の西南部に多い「吊脚楼」とは、どんな建物?

洪崖洞は、「吊脚楼(ディアオジャオロウ)」と言う中国の西南部に多い建築様式の建物です。これは山を背に、河に面した場所に多く用いられる建築様式で中国の他の地方では見られません。1階部分が建物の足の役目を果たしています。何本もの木造の柱の上に部屋がある建物です。風通しがよく、毒蛇の侵入を防ぐ役目もあると言われ、湿度が高く、雨の多い地方に向いている建築様式だと言われています。洪崖洞は、10階以上もある建物で非常に大きいので木造ではありませんが、外観は吊脚楼風です。洪崖洞が完成したのは2005年と新しいのですが、あっという間に重慶を代表する観光地になっていました。

重慶市の中心部、渝中区にある解放碑。この付近が重慶で一番の繁華街。洪崖洞は、ここから徒歩10分ぐらい 重慶市の中心部、渝中区にある解放碑。この付近が重慶で一番の繁華街。洪崖洞は、ここから徒歩10分ぐらい

重慶と台湾の九フェン(にんべんに分)にある日本映画の舞台

いつのまにか大流行りしていた洪崖洞ですが、一部の中国人の間で支持されている意見があります。それは、2001年に公開され大ヒットしたジブリ映画(少女が神々の世界に迷い込み名前を取り戻そうと奮闘する物語)の油屋のモデルという説です。主人公の千尋が働いていた温泉旅館風の建物が油屋です。う〜ん、確かに似ていると言われたら、似ています。でも、モデルにしたと言い切れるほど似ているとは思えないのですが、中国ではここが「千と千尋の神隠し」の舞台という説があるそうです。ちなみに台湾の「九フェン(にべんに分)」も「千と千尋の神隠し」の舞台だと言われています。九フェンも洪崖洞も高低差が大きく、階段の多い地形に楼閣が建っているので、千と千尋の世界を連想するんでしょうね。

洪崖洞の夜景。右手の建物が油屋に似ている?ような気もします 洪崖洞の夜景。右手の建物が油屋に似ている?ような気もします

洪崖洞の夜景はどこから見るのが、おすすめ?

洪崖洞は、中にホテル、スターバックスコーヒー、レストラン、土産物屋などが入っている複合施設です。桃亭青年旅舎というユースホステルも入っています。夜景を見に行くだけでなかなか中の施設を利用することはありませんが、意外と使えそうです。夜景は、洪崖洞のすぐ前の嘉陵江濱江路からでも十分見えますが、6号線軽軌(モノレール)から見るのもおすすめです。「小什字」駅から「大戯院」駅のちょうど中間に嘉陵江があります。ここは嘉陵江にかけた橋の上を通る区間なので、短い時間ですが、洪崖洞の夜景が見られるんですよ。重慶に行ったら、ぜひ、洪崖洞の夜景を見に行ってくださいね! そして油屋に似ているかどうかのチェックもお願いします!