page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行中国編2019/格安航空券で成都や重慶に行くのなら、鉄道を使うことも考えてみよう!


掲載日:2019/05/03 テーマ:エアライン・空港 行き先: 中国 / 重慶(チョンチン)

タグ: お得 安い 一度は行きたい 節約


成都アウトか重慶アウトか、迷って成都アウトにした理由

成都南部にあるパンダ基地では、パンダがゴロゴロ! ここに行くと、どんな人でもパンダのかわいさに目覚めると言っても過言ではない 成都南部にあるパンダ基地では、パンダがゴロゴロ! ここに行くと、どんな人でもパンダのかわいさに目覚めると言っても過言ではない

いくら1000円安い格安航空券を買っても、日本に帰る日、空港に行く時にタクシーに乗り、タクシー代が高かったら、意味なし。それなら1000円高い格安航空券でも、地下鉄で空港まで行くことができるほうが安い! 2019年3月に成都と重慶の旅行をする際、中国国際航空の格安航空券を買いました。成都アウトか、重慶アウトか、迷いに迷って成都アウトにしました。重慶アウトだと帰国便は、早朝7時半発。料金はともかく、夜が明けていない町で女ひとりでタクシーに乗るのは、何となく不安。成都アウトなら12時20分発なので、地下鉄で成都双流国際空港まで行くことができます。今回はわずか1000円の違いでしたが、こんな風にどちらの都市から帰国するかを悩めるのは、成都と重慶が意外と近いからです。

四川省の玄関口である成都とかつては四川省だった重慶

重慶で一番人気のスポットは、洪崖洞の夜景! この辺りには火鍋屋さんも集まっている 重慶で一番人気のスポットは、洪崖洞の夜景! この辺りには火鍋屋さんも集まっている

中国西南部に位置する四川省成都は、三国志やパンダで知られている日本人にも人気の都市。世界遺産の九寨溝への玄関口でもあり、毎年、多くの日本人が訪れます。重慶は、もともとは四川省に属していましたが、1997年に四川省から離れ、直轄市となりました。長江と嘉陵江が交わる場所が重慶市の中心部。両川沿いには香港と見間違えるほど高層ビルが立ち並んでいる、重慶は中国南部有数の大都市です。成都と比べると、日本人旅行者は少ないものの重慶が火鍋の本場であることも徐々に知られるようになり、日本人旅行者も少しずつ増えてきています。悠久の歴史とパンダを楽しめるのが成都なら、重慶は高層ビルの夜景などの都市の発展を楽しむところ。二つの都市は、楽しみかたが異なります。

四川旅行に役立つ、お得な格安航空券の探し方

重慶の高速鉄道発着駅は、重慶北駅北広場。写真は、重慶北駅南広場。ここから重慶北駅北広場に行くバスが出ている 重慶の高速鉄道発着駅は、重慶北駅北広場。写真は、重慶北駅南広場。ここから重慶北駅北広場に行くバスが出ている

さて、四川省の旅の玄関口となるのは、省都の成都です。私は、日本の旅行会社のサイトで格安航空券を探す時、出発希望日と帰国希望日を2、3パターン考えます。それから成都イン成都アウト、成都イン重慶アウト、時には重慶イン成都アウトなど、何パターンか入力し、時間や値段などを比べます。出発日を1日ずらすだけ、成都インを重慶インに変更するだけで、時には数万円も違ってくることもあります。成都と重慶は、地図で見ると東京と名古屋ぐらいの距離。移動に鉄道を使えば、本当に近くて便利なのです。

高速鉄道で結ばれている成都と重慶

重慶と成都間を結ぶ高速鉄道のエチケット袋は、パンダ柄! 重慶と成都間を結ぶ高速鉄道のエチケット袋は、パンダ柄!

成都と重慶は、高速鉄道で結ばれています。Gの列車番号で始まるのは、日本の新幹線にあたる「高鉄(ガオティエ)」。Dの列車番号は、「動車(トンチョー)」と呼ばれ、高鉄には及ばないものの高速鉄道の一種です。成都と重慶間は、G号とD号が朝6時30分から午後9時台まで1日約80本走っています。高鉄なら、所要時間は最短で約1時間17分、遅くても約1時間40分。動車なら約2時間15分。料金は、高鉄の二等席が約145元(約2610円、列車によって料金が異なる)。動車の二等席の料金は、約96元(約1728円、列車によって料金が異なる)。格安航空券の予約を入れる際、成都と重慶間の移動に高速鉄道を使うことも考えると、選択の幅が広がり、お得な格安航空券が見つかることがあります。それに重慶観光もできます。四川旅行の際、成都イン成都アウトを考えている人は、重慶も候補に入れてみるのもありですよ!

※1元=約16.6円。2019年4月時点

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/03)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索