観光スポット「旅順の街」の旅行情報

観光スポット「旅順の街」の旅行情報

旅順の街

名称:旅順の街(中国/大連(ターリエン)
ジャンル:観光スポット

大連市街から西へ約60キロメートル、中国屈指の軍港がある旅順は、日露戦争の激戦地だったところ。軍港という場所柄、見学地の制限、写真撮影禁止など規制があるため、大連から外国人用ツアーが出ている。見どころは二百三高地。標高203メートルの攻防は日露戦争の天王山となった。視界を遮るものがない高台は戦略上重要な拠点として機能するため、この地の獲得を巡って激しい戦闘が続いた。砲弾型の慰霊塔もある。東鶏冠山は日露が4カ月におよぶ死闘を繰り広げたところ。今なお弾痕の跡が残っている。水師営はロシア降伏後、乃木希典将軍とロシアの将軍ステッセルが会見を行った場所だ。また市街には日本の租借地時代の建築物が残っている。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!大連(ターリエン)の観光スポット最新情報

2016/06/30 観光地・名所

弾丸で海外旅行〜大連の中山広場を起点に、懐かしの日本巡りを楽しもう!

大連(ターリエン)旅行イメージ-大連賓館は、現在、シングルが1泊299元(約5382円)。朝食付きでこの値段はお得! 大連賓館は、現在、シングルが1泊299元(約5382円)。朝食付きでこの値段はお得!

中国の東北部、遼寧省の大連の魅力って、なんと言っても町がコンパクトで見どころ満載なことです。町がコンパクトって、時間がない旅には、かなり重要なポイントです。大連市の東北部に位置する周水子国際空港から中心部のチンニーワーチャオ駅までは、地下鉄でわずか30分ほどです。路線バスでも30分ほどです。こんなに空港が近いと、週末を利用した弾丸旅行の時、時間を有効に使えます。大連は、1905年に結ばれたポーツマス条約により、日本の租借地となりました。大連観光と言えば、この時代に日本人が建てたレトロでゴージャスな欧風建築巡りにつきます。続きを見る



大連(ターリエン)旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

旅順の街への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。