中国でなかなか見つけられない、日本人が好きなあの料理

本場の味を試してみたいのに、中国に行くと、なかなか見つかりません。中華料理のはずなのに、どうして? 春巻(チュンジュエン)って、中華料理の中ではメジャーじゃないの? こんな疑問が沸いてでるほど、中国のレストランや食堂で春巻を見つけられません。私が行ったことがある都市で、春巻があったのは、上海、広州、北京だけです。上海では、上海料理の老舗食堂で、香港に近い広州では、老舗茶楼で食べました。茶楼とは、日本人が大好きな飲茶を食べられるレストランのことです。北京の春巻は、少数民族の回族が利用する「清真(チンジェン)」と呼ばれるイスラム食堂で食べました。

北京の烙春巻(写真上)。黒酢と唐辛子みそをつけて、食べるとおいしい 北京の烙春巻(写真上)。黒酢と唐辛子みそをつけて、食べるとおいしい

上海、広州、北京の春巻とは?

上海や広州の春巻は、まさに日本人がイメージする春巻です。薄い小麦粉生地で細切りにした豚肉やもやしを炒めたものを巻いてから、揚げたものです。大きさも日本のものと同じく、3口ほどで食べきれるサイズです。北京の春巻はと言うと、名前は同じでもかなり違います。卵入りの薄い小麦粉生地の上に炒めたキャベツ、にんじん、春雨を巻いたものです。油で揚げずに焼くので「烙春巻(ラオチュンジュエン)」とも呼びます。「烙」は、焼くという意味です。くるんと巻いて焼いただけなので、野菜クレープみたいです。しかも、かなり大きい。

春巻は、東北地方にもあった!

実は、中国の東北地方、かつて満州と呼ばれたところにも春巻はあります。東北地方では、薄く伸ばして、焼いた小麦粉生地のことを「春餅(チュンビン)」と言います。この春餅で、豚肉、もやし、春雨を炒めたものを巻いて食べるので春巻と言うそうです。巻いたら、そのまま食べるので、日本人がイメージする焼春巻とは違います。日本人が食べ慣れた春巻は、いったい中国のどこからやってきたのでしょうか?

日本の春巻は、中国のどこからやってきた?

福建省は、香港に近い広東省の北側にあります。中国の検索サイトで調べると、福建省でポピュラーな春巻は、日本の春巻にそっくりです。薄い小麦粉生地で、豚肉やたけのこの細切り、エビやしいたけの具を巻いて揚げたものです。まさに日本人がイメージする春巻そのもの! 日本人が食べなれた春巻は、やはり福建や広州など、中国の南方からやってきたものです。戦前から日本に住んでいる華僑と呼ばれる中国人の出身地は、福建と広東省がほとんどです。この人たちが、日本で開いたレストランの味が、日本人が子供の頃から食べてきた中華料理の味です。春巻もその中にあったのかな?と想像します。中国で春巻を見つけたら、とにかく食べてみませんか! いろんな春巻に出会えますよ!