中国の広州で財布を落としてしまいました

とうとうやってしまいました。まさか自分が財布とパスポートが入ったポーチを落とすなんて。香港に近い広東省の広州にいる時のことです。地下鉄でお宿に帰ろうと、ショルダーバッグを開けた時、初めてポーチがないことに気づきました。最後に財布が入ったポーチを出したのはライチを買った果物屋さんです。とにかくそこまで戻らなくては。地下鉄の駅までのんびり歩いてきたから、約10数分たっています。そのポーチには今日、両替した中国元と日本円が入ってます。私のほぼ全財産です。同じ宿の日本人男性に1万円ぐらい貸してもらえるだろうか? 日本領事館に行けば、すぐ、仮のパスポートを発行してもらえるだろうか?私の頭はパンク寸前です。

広州で財布を落としたのに、無事に帰ってきました。その訳とは? 広州で財布を落としたのに、無事に帰ってきました。その訳とは?

中国人にとって、広州とはどんなところ

そのうちに果物の皮や包んでいた袋が散乱している路上に私のポーチが見えました。震える手でポーチの中を確認すると、パスポート、現金ともにすべて無事でした。奇跡です! 中国で広州と言えば、上海と並んで、怖いところだと思われています。特に広州駅は田舎からやってきた都会に慣れていない人間をだまそうする悪い中国人が集まっているところだという認識があります。広州駅でなくても広州は競争が厳しい都会で生き馬の目を抜くようなところです。その広州で落としたポーチが無事に返ってきたなんて! 単なる幸運とは思えません。

上海で私に起きた怪しい事件とは

以前、上海で怪しいことに巻き込まれそうになったことがあります。一人でバスターミナルに向かって歩いている時、いつのまにか私の両側にふたりの男性がいました。その時、前を歩いている人がお札でパンパンの財布を落としました。私の右側の男性がその財布を拾って、「あの路地に行って、3人で分けようぜ」と言います。「落とした人に教えてあげなきゃ」と言う私に「おまえ、バカか?さあ、あっちに行こう」と急かせます。私たち3人はもともと友達ではないのだから、財布を拾った人が走って逃げたら、それで済みます。山分けをもちかえてくること事体が変です。

広州で財布が奇跡的に戻った訳

広州で奇跡的に戻ってきた財布の話を中国人にしたところ、納得の訳が見えてきました。私がポーチを落としたのは、夕方の買い物客でごったがえす下町の路上です。ごみが散乱していたので、ポーチが目立たなかったからではなく、広州人は気づいていたと言われました。でも、それを拾った瞬間、その様子を見ていた持ち主が現れ、問題に巻き込まれる。それを恐れて、わざと拾わなかったのでは? 拾えば、私が上海で持ちかけられたような変な話が起きるかもしれません。広州人のこの推測、当たっていると思いませんか? なにはともあれ、私はラッキーでした!でも、これで一生分の運を使い果たしたかもしれません…。