page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

桂林グルメガイド

桂林のグルメ・伝統料理

桂林料理は、湖南料理と広東料理の合流点で、食文化がかなり豊かである。伝統料理は桂林の特産であるアヒルを煮込んだ料理や、漓江でとれた魚を使った料理が有名だ。桂林は中国の南方に位置し、主食は米である。そのため米を使った食事が多いのも特徴だ。中でも庶民的グルメの桂林ビーフンはあまりにも有名なメニューで、街のいたるところに専門店があり、24時間食事ができる店も少なくない。(2015年編集部調べ)


桂林のレストラン・屋台

街を南北に貫く中山中路は桂林きっての繁華街だ。レストランも多く、老舗レストランとして有名な同来館もこの中山中路に面している。夜の桂林はとても賑やかで、市中心にある杉湖にはシンボルとなる日月塔という2つの塔があり、金と銀にライトアップされる。そこからほど近い場所には沢山の屋台が道を埋め尽くし、レストランでは味わえない地元の方々に愛される安くて美味しい軽食が、ずらりと並ぶ。屋台の食べ物は安いものが多く、小銭を用意しておくほうがいいだろう。

桂林の水・お酒

桂林は米で作られた桂林三花酒という白酒が有名だ。アルコール度は57度程度のものからもう少し度数の低い種類まであり、血液循環や健康に良いと言われているが、アルコール度数がいずれも高いため、飲み過ぎには十分注意して頂きたい。水は比較的綺麗な場所だが、水道水は飲めない。料理やお茶などには水道水を使用する場合が多いが、煮沸してあるのでこれは特に問題ない。普段の飲料用はミネラルウォーターやその他の飲み物を用意しておくほうが安全だろう。


現地ガイド発!桂林のグルメ・料理最新情報

2020/04/05 グルメ

海外旅行中国編2020/広西壮族自治区桂林のごはんに見える美味しい広東料理

桂林旅行イメージ-桂林米粉を代表する鹵菜米粉。トッピングなしなら、薄味で美味しい。独特のコシは、一度乾燥させた米粉を水でもどして使うことから出るのではないだろうか 桂林米粉を代表する鹵菜米粉。トッピングなしなら、薄味で美味しい。独特のコシは、一度乾燥させた米粉を水でもどして使うことから出るのではないだろうか

中国の西南部に位置する広西壮族自治区桂林は、水と山が生み出す風景が美しい世界的な景勝地です。桂林の穏やかな風景を求めて訪れる日本人も多く、中国西南部の人気都市の一つです。桂林の朝昼は、やはり名物の桂林米粉を食べましょう。中国では「米粉(ミーフェン)」と呼びますが、ビーフンのことです。とはいっても日本人がイメージするビーフンは、台湾風の極細ビーフンではないでしょうか。中国の米粉は、かなり太目。幅5ミリぐらいの平たいものもあります。中国南部では、米粉を麺と同じように日常的に食べます。桂林米粉とほかの地方の米粉との違いは、コシがあることではないかと思っています。このコシがたまらなく美味しいのです。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


桂林グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる桂林の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
桂林のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!