page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ハルビンで泊まるならどのホテル? 「ホリデイ・イン ハルビン シティセンター」をおすすめする理由


掲載日:2019/04/25 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 哈爾浜(ハルピン)

タグ: ためになる バー・パブ 朝食


夏も冬も観光客がいっぱいのハルビン

超高級でもなく中級より少し高級、絶妙な立ち位置のホテル 超高級でもなく中級より少し高級、絶妙な立ち位置のホテル

黒龍江省の省都であるハルビンは、中国でありながらロシア風の建築物が数多い、美しい街です。大手チェーンのホテルも進出しており、泊まるところにも苦労しません。でももしも初めてハルビンを訪れるなら、「ホリデイ・イン ハルビン シティセンター」がおすすめです。もっと高級なホテルもあり、もっと低価格のホテルもある中で、なぜここが選ばれるのか。それは、バランスの良さにあります。

困った時は安心のチェーンホテル

朝食はローカルなものを食べたい私のチョイス 朝食はローカルなものを食べたい私のチョイス

初めての街は誰だって不安なもの。中国に慣れない旅行者は、外国資本のチェーンホテルに安心感を持つことでしょう。ホリデイ・インは手軽なシティホテルの代名詞のような存在。設備も過不足なく、構えすぎることなく手軽に利用できます。1995年開業なのであまり新しさはありませんが、室内は改装済みで清潔感があり、気持ちよく過ごせますよ。無料のミネラルウォーターやバスローブも付いています。

中央大街をぶらぶら歩きたいあなたなら、立地で選びましょう

モデルンホテル特製アイスが、なぜかここでも! モデルンホテル特製アイスが、なぜかここでも!

ハルビンは街がとても大きく、観光スポットは散在しています。中でも初めての旅行者が必ずと言っていいほど訪れるのが「中央大街」。ホリデイ・インは、中央大街の入り口に建っているんです。最高の立地ですね! 夜になってライトアップされた異国情緒のある街並みを歩くにも便利です。中央大街のシンボルである「モデルンホテル」には名物のアイスキャンデーを売るコーナーがあり、常に長々と行列しています。しかし! 実はホリデイ・インのロビーでも、このアイスは売っているんですよ。モデルンホテルではアイスキャンデーをそのまま渡されますが、ホリデイ・インで買うと個装されていますから、部屋に戻ってから食べてもいいですね(両者の味の違いは、食べ比べていないのでわかりませんが……)。

朝昼晩、すべて実食してみました

思ったよりステキだったホテルのバー 思ったよりステキだったホテルのバー

朝食はビュッフェスタイルで、洋食も中華も種類豊富。国内旅行者もたくさん泊まっているので、特に中華はおすすめです。ランチには、1階に入店しているテナントの麺料理店に入ってみましたが、ここも麺のメニューがたっぷり。ちょっとしたおかずもサイドオーダーでき、価格もリーズナブルです。そして夜は「レッドライオン」というバーへ行ってみました。このホテルは英語が堪能なスタッフがあまりいないのですが、こちらのバーテンダーさんはちゃんと英語が話せました。そして、酒飲みにとっての重要事項「各国のビールが冷えている」! 中国東北地方では、夏でもビールは常温のところが多いのです。

ハルビン観光の拠点としておすすめ!

ごく一般的な設備の室内 ごく一般的な設備の室内

このように、「清潔な室内」「観光に便利な立地」「食事に不自由しない」と、好条件の揃ったホリデイ・イン ハルビン シティセンター」。ハルビンでイチオシのホテルです。ただし、価格はタイミングによってかなり変動するようなので(ツインで一泊6000円〜1万8000円くらい)、事前によく調べて検討してくださいね。

※1元=約16.6円。2019年4月時点

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/25)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索