世界遺産「北京原人化石出土の周口店遺跡(北京原人)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Peking Man Site at Zhoukoudian

北京原人化石出土の周口店遺跡

名称:北京原人化石出土の周口店遺跡(中国
英語名称:Peking Man Site at Zhoukoudian
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1987年

旧石器時代、北京原人の頭蓋骨出土地

北京から南西に約50km。周口店は東アジア最大の旧石器時代の遺跡。ここで発見されたのが、シナントロプス・ペキネンシス(北京原人)だ。まずは1921年、未知の化石人類の臼歯が発見される。続いて1929年には頭蓋骨を発見。約70万年から約20万年前、河岸や洞窟で集団生活をしていたとみられ、石器などの道具と火を使用し、直立歩行をしていたことから、人類の祖先!と大注目を浴びた。世界遺産登録も当然のようだが、実は北京原人は絶滅してしまい、つながりは無いという説が現代では有力。ただ周口店では、北京原人よりも現代人に近い、1万9000年ほど前の山頂洞人の遺跡も見つかっており、現在も研究が進められている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/01/07 世界遺産

四川省の世界遺産「楽山大仏」を見る遊覧船は、乗ったほうがいい?

中国旅行イメージ-耳の大きさは約7メートル。写真左に見える人の姿と比べてもその大きさがわかります 耳の大きさは約7メートル。写真左に見える人の姿と比べてもその大きさがわかります

世界遺産の楽山大仏は、全高約71メートル、像高約60メートルの世界最大の大仏です。楽山は、中国の西南部に位置する四川省の省都成都からバスで約2時間の場所にあります。アフガニスタンのバーミヤンの像のうち大きなほうが破壊されてしまったので、現在、楽山大仏に迫る大きさの大仏はないと言われています。近くで見ると、本当に大きい! 巨大な体に柔和の顔をした大仏様は、揚子江の支流である岷江と大渡河と青衣江の3つの川の合流点に建てられました。もちろん川の流れを見守るように川に向かって座っておられます。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「北京原人化石出土の周口店遺跡」についてご紹介します。北京原人化石出土の周口店遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。