世界遺産「北京原人化石出土の周口店遺跡(北京原人)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Peking Man Site at Zhoukoudian

北京原人化石出土の周口店遺跡

名称:北京原人化石出土の周口店遺跡(中国
英語名称:Peking Man Site at Zhoukoudian
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1987年

旧石器時代、北京原人の頭蓋骨出土地

北京から南西に約50km。周口店は東アジア最大の旧石器時代の遺跡。ここで発見されたのが、シナントロプス・ペキネンシス(北京原人)だ。まずは1921年、未知の化石人類の臼歯が発見される。続いて1929年には頭蓋骨を発見。約70万年から約20万年前、河岸や洞窟で集団生活をしていたとみられ、石器などの道具と火を使用し、直立歩行をしていたことから、人類の祖先!と大注目を浴びた。世界遺産登録も当然のようだが、実は北京原人は絶滅してしまい、つながりは無いという説が現代では有力。ただ周口店では、北京原人よりも現代人に近い、1万9000年ほど前の山頂洞人の遺跡も見つかっており、現在も研究が進められている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/12/06 世界遺産

最も美しい長城としばしのお別れ! 世界遺産「金山嶺長城」が2018年の末まで、閉鎖中!

中国旅行イメージ-楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城 楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城

「行くのが面倒でもいい。一番美しい万里の長城を教えて!」と言われたら、何の迷いもなく、金山嶺長城をすすめます。世界遺産の万里の長城は、八達嶺、慕田峪、司馬台、居庸関など、いくつかの観光ポイントがありますが、突出して観光客が多いのは、八達嶺です。観光整備された時期が最も早く、高速バスの本数も多く、鉄道でも簡単に行くことができるので、年間を通して、観光客が訪れます。GWや国慶節の連休ともなると、八達嶺の混雑ぶりは、すさまじいの一言。そんな中、のんびり長城を観光したい欧米人旅行者を中心に人気が出てきたのが、慕田峪と金山嶺長城です。なかでも金山嶺長城は、「長城の中の長城」と呼ばれるほど美しいことで知ら…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「北京原人化石出土の周口店遺跡」についてご紹介します。北京原人化石出土の周口店遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。