世界遺産「黄龍(黄龍)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Huanglong Scenic and Historic Interest Area

黄龍

名称:黄龍(中国
英語名称:Huanglong Scenic and Historic Interest Area
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1992年

3400を超える湖沼群を中心とする一帯

1983年に国の風景区に指定される以前は、地図に存在すら記されていなかった四川省東北部にある秘境・黄龍。玉翠峯の山麓にあり、3400の湖沼群から成る世界遺産の周辺には、希少動物のジャイアントパンダやキンシコウが生息する。棚田のように連なる湖沼は黄龍の象徴であり、巨大な龍のウロコを連想させる。これは露出した石灰岩層に溜まった水が落ち葉や小枝を固め、長い年月を経て池の堤を形成した自然現象だ。周囲の高山や峡谷、滝、林海などの景観美に溶け込んだ100以上の池が連なる石塔鎮海。また標高3850mの湖沼群の最高点に位置し、場所や時間帯によって緑、黄、青、白、黒と水面を変化させる五彩池は、黄龍を代表する神秘と謳われる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/07/28 世界遺産

ちょっとドキドキ! 世界遺産「金山嶺長城」で遭遇する困った問題

中国旅行イメージ-金山嶺長城は、メジャーな八達嶺などに比べて、お客が少ないのでゆっくり見られます 金山嶺長城は、メジャーな八達嶺などに比べて、お客が少ないのでゆっくり見られます

今日は、100%直通のツアーバスがあるはず。だから絶対、大丈夫! 北京市の地下鉄13号線「望京西」駅に近いバスターミナルの貼り紙を見た瞬間、思わず、呆然。私ほど運が悪い人って、いるかしら? このバスターミナルから世界遺産の金山嶺長城行きのバスが出ています。金山嶺長城は、いくつかある万里の長城の中で最も美しいと言われています。「長城の中の長城」と言われるだけあって、起伏に富んだ長城は突出した美しさです。あまりの美しさにすっかりはまってしまい、実は行くのは、今回で4回目です。初冬、春、初夏に行き、毎回、全く異なる金山嶺長城を楽しみました。こんなに惚れ込んでいる金山嶺長城ですが、行くたびにハラハラす…続きを見る



「黄龍」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 17.09万円
旅行代金: 16.99万円
燃油目安: 0.10万円
6日間
成田発

中国 ツアー

【成田発】 今年もやります!バスの旅☆ -さあ行こう!最高!九寨溝!- 陸路で巡る神秘の大自然と大河・岷江沿いの絶景に感動☆可愛いパンダとの…

ホテル:加州花園酒店又は同等クラスホテル(成都(…
航空会社:中国国際航空、ANA、香港航空、中国東方…

日程表を見る

...バスで行く成都・都江堰・茂県・黄龍・九寨溝・松藩6日間〜 全食事付き ......都江堰」「青城山」「九寨溝」「黄龍」6日間で5つの世界遺産を巡ります...

旅行会社/ブランド:ドリームホリデー


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「黄龍」についてご紹介します。黄龍の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。