世界遺産「承徳の避暑山荘と外八廟(万樹園)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Mountain Resort and its Outlying Temples Chengde

承徳の避暑山荘と外八廟

名称:承徳の避暑山荘と外八廟(中国
英語名称:Mountain Resort and its Outlying Temples Chengde
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1994年

清の康熙帝が避暑地とした場所

中国江南地方の水郷、北方地方の草原にさまざまな様式の建築。中国全土の景観美が凝縮された総面積564万uの大庭園は、河北省承徳にある世界遺産だ。清朝皇帝の避暑山荘として康熙帝が1702年に着工し、1790年、乾隆帝の時代に完成した。全長約10kmの城壁内部には皇帝が執務を執り行う宮殿区と、馬の競技を行う草原、万樹園と呼ばれる林、8つの人工湖といった自然美を愛でる苑景区の2区がある。またこの世界遺産でユニークなのは、避暑山荘の東と北の丘陵地帯にある寺院群の外八廟だ。初期の2つこそ漢族の建築様式を採用したが、以降は他民族への懐柔策としてチベット建築様式を導入。満州族である清朝皇帝のしたたかさがうかがえる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/12/06 世界遺産

最も美しい長城としばしのお別れ! 世界遺産「金山嶺長城」が2018年の末まで、閉鎖中!

中国旅行イメージ-楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城 楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城

「行くのが面倒でもいい。一番美しい万里の長城を教えて!」と言われたら、何の迷いもなく、金山嶺長城をすすめます。世界遺産の万里の長城は、八達嶺、慕田峪、司馬台、居庸関など、いくつかの観光ポイントがありますが、突出して観光客が多いのは、八達嶺です。観光整備された時期が最も早く、高速バスの本数も多く、鉄道でも簡単に行くことができるので、年間を通して、観光客が訪れます。GWや国慶節の連休ともなると、八達嶺の混雑ぶりは、すさまじいの一言。そんな中、のんびり長城を観光したい欧米人旅行者を中心に人気が出てきたのが、慕田峪と金山嶺長城です。なかでも金山嶺長城は、「長城の中の長城」と呼ばれるほど美しいことで知ら…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「承徳の避暑山荘と外八廟」についてご紹介します。承徳の避暑山荘と外八廟の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。