世界遺産「武当山の道教寺院群(紫霄宮)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Ancient Building Complex in the Wudang Mountains

武当山の道教寺院群

名称:武当山の道教寺院群(中国
英語名称:Ancient Building Complex in the Wudang Mountains
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1994年

道教の聖地武当山に建てられた寺院群

中国湖北省北西部に位置する武当山は、漢代以来の道教の聖地。海抜1612m、72の山々が連なる霧深い渓谷の傾斜地に溶け込むように点在する30以上の寺院群は、1994年に登録された世界遺産だ。7世紀の唐代に建造が始まるも、元代末期の戦火で多くが焼失。15世紀の明朝・永楽帝が莫大な国費を投じて再建した経緯がある。武道山の最高峰・天柱峰の頂にある金殿。麓から金殿に向かって延びる細長い青石板の神道の両側には、道教思想に忠実に山や木、水と一体化した庵堂や岩廟などが佇んでいる。他にも様々な道教文化を育んだ武当山。「北の少林寺、南の武当山」という言葉が示すように、中国二大拳法の一つ、武当拳を生んだことでも知られている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/04/23 世界遺産

世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

中国旅行イメージ-世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには? 世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

福建土楼をご存知でしょうか? 中国の福建省に点在する客家の人たちの伝統的集合住宅です。客家とは、古代より中国東北部や中原から南下してきた漢民族の一派で、客人すなわち「よそ者」の意味があるといいます。そんな客家の中には、のちに台湾や東南アジア諸国にわたった人たちもいて、多くの傑物を輩出しています。元台湾総統の李登輝、タイガーバームの創設者胡文虎、リー・クアンユー・シンガポール初代大統領などそうそうたる顔ぶれです。そんな客家人の故郷とも言える場所が福建土楼なのです。厦門からは様々な日帰りツアーが出ています。料金は2万円前後です。ツアーに参加すれば簡単に見て回れますが、今回は個人旅行のご案内です。ま…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「武当山の道教寺院群」についてご紹介します。武当山の道教寺院群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。