世界遺産「古代高句麗王国の首都と古墳群(古代高句麗王国)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Capital Cities and Tombs of the Ancient Koguryo Kingdom

古代高句麗王国の首都と古墳群

名称:古代高句麗王国の首都と古墳群(中国
英語名称:Capital Cities and Tombs of the Ancient Koguryo Kingdom
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2004年

城郭、宮殿などの遺構と墳墓群からなる遺跡群

紀元前1世紀ごろから繁栄し、最盛期には中国東北部から朝鮮半島北部を領土とした高句麗王国。その初期に首都となり栄華を誇った五女山城(ごじょさんじょう)、丸都山城(がんとさんじょう)、国内城にある城郭、宮殿などの遺構と、好太王碑をはじめとする40の墳墓からなる。高句麗建国時の都城だった五女山城は遼寧省桓人満族(かんじんまんぞく)自治県にあり、丸都山城と国内城は吉林省集安市にある。丸都山城の内外には、巨大な宮殿やたくさんの墳墓などが残されている。国内城は、高句麗の首都が平壌に移ったあとも重要な都市であり続けた。墳墓には壁画も残されており、北方遊牧民の影響がうかがえる高句麗独自の表現様式を見ることもできる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/01/29 世界遺産

重慶から行く日帰り旅行! 誰もが息を飲むすばらしさ! 世界遺産の「大足石刻」!

中国旅行イメージ-宝頂山の石刻は、前に大きく突き出ています。ほとんど飛び出す絵本の世界 宝頂山の石刻は、前に大きく突き出ています。ほとんど飛び出す絵本の世界

今にも崖から飛び出してきそうなほど、生き生きとした仏像! 色鮮かで、しかもその数がすごい! いつもなら中国の世界遺産の入場料の高さに文句タラタラの私も大足石刻の前では、感動のあまり言葉も出ません。もちろん高額の入場料にも文句なしです。大足は、中国西南部に位置する重慶市から西に約170キロのところにあります。世界遺産の大足石刻とは、大足区の中心部から北東約15キロのところにある宝頂山と中心部の北2キロの北山にある石刻群を指します。特に宝頂山石刻のほうは仏像の数、大きさ、彩色されている点なども含め「さすが、世界遺産!」と言いたくなるほどのすばらしさです。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「古代高句麗王国の首都と古墳群」についてご紹介します。古代高句麗王国の首都と古墳群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。