世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓(明孝陵)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties

明・清時代の皇帝陵墓

名称:明・清時代の皇帝陵墓(中国
英語名称:Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000・2003-2004年

明・清王朝の陵墓

悠久の中国史に燦然たる名を刻んだ明と清。合わせて約550年の長期王朝を築いた史実からも、大規模な皇帝陵墓群の存在は見当がつく。その皇帝陵墓群が世界遺産となったのは2000年。湖北省の明顕陵、河北省の清東陵と清西陵、北京市にある明十三陵、江蘇省の明孝陵、遼寧省の関外三陵の6つである。中でも現存する最大規模の陵墓群は、明朝第三代の永楽帝が1409年に着工した総面積約823万uの明十三陵。永楽帝以降13人の皇帝が眠っている。清代では、順治帝や康煕帝、乾隆帝ら161人を納めた清東陵。清朝末期の権力者、西太后もこの中に。古来思想にのっとり、建造場所はすべて風水によって決められたという。じつに中国らしいエピソードだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/03/06 世界遺産

世界遺産「万里の長城」の中でも行きやすい「八達嶺」に行ってみよう(後編)!

中国旅行イメージ-季節の良い時期は、観光客でいっぱいの八達嶺も12月中旬ともなると観光客はかなり少な目 季節の良い時期は、観光客でいっぱいの八達嶺も12月中旬ともなると観光客はかなり少な目

「万里長城・八達嶺」前編からの続きです。前編に書いたように、私はここにある通称「女坂」で、「どこまでも果てしなく続く」というイメージのような長城の姿を見ることができました。再度、チケット売り場の裏側まで引き返し、今度は通称「男坂」と言われる南側を攻めてみます。多くの観光客は、女坂を選んでおり、男坂を登っている観光客の姿は、数名程度です。ロープウエイやスライダーも女坂にあるためか、こちらの男坂ツアーは、観光客の姿が、全くと言っていいほどありません。男坂は女坂と違い、急な坂道があるのかな?と思いましたが、意外なほど緩やかな坂道が続きます。「こっちのほうが、女坂よりラクじゃない?」なんて思いつつ、振…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓」についてご紹介します。明・清時代の皇帝陵墓の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。