世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓(明孝陵)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties

明・清時代の皇帝陵墓

名称:明・清時代の皇帝陵墓(中国
英語名称:Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000・2003-2004年

明・清王朝の陵墓

悠久の中国史に燦然たる名を刻んだ明と清。合わせて約550年の長期王朝を築いた史実からも、大規模な皇帝陵墓群の存在は見当がつく。その皇帝陵墓群が世界遺産となったのは2000年。湖北省の明顕陵、河北省の清東陵と清西陵、北京市にある明十三陵、江蘇省の明孝陵、遼寧省の関外三陵の6つである。中でも現存する最大規模の陵墓群は、明朝第三代の永楽帝が1409年に着工した総面積約823万uの明十三陵。永楽帝以降13人の皇帝が眠っている。清代では、順治帝や康煕帝、乾隆帝ら161人を納めた清東陵。清朝末期の権力者、西太后もこの中に。古来思想にのっとり、建造場所はすべて風水によって決められたという。じつに中国らしいエピソードだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/12/06 世界遺産

最も美しい長城としばしのお別れ! 世界遺産「金山嶺長城」が2018年の末まで、閉鎖中!

中国旅行イメージ-楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城 楼閣が多く、起伏に富んだ勇壮な風景が魅力の金山嶺長城

「行くのが面倒でもいい。一番美しい万里の長城を教えて!」と言われたら、何の迷いもなく、金山嶺長城をすすめます。世界遺産の万里の長城は、八達嶺、慕田峪、司馬台、居庸関など、いくつかの観光ポイントがありますが、突出して観光客が多いのは、八達嶺です。観光整備された時期が最も早く、高速バスの本数も多く、鉄道でも簡単に行くことができるので、年間を通して、観光客が訪れます。GWや国慶節の連休ともなると、八達嶺の混雑ぶりは、すさまじいの一言。そんな中、のんびり長城を観光したい欧米人旅行者を中心に人気が出てきたのが、慕田峪と金山嶺長城です。なかでも金山嶺長城は、「長城の中の長城」と呼ばれるほど美しいことで知ら…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓」についてご紹介します。明・清時代の皇帝陵墓の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。