世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓(明孝陵)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties

明・清時代の皇帝陵墓

名称:明・清時代の皇帝陵墓(中国
英語名称:Imperial Tombs of the Ming and Qing Dynasties
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000・2003-2004年

明・清王朝の陵墓

悠久の中国史に燦然たる名を刻んだ明と清。合わせて約550年の長期王朝を築いた史実からも、大規模な皇帝陵墓群の存在は見当がつく。その皇帝陵墓群が世界遺産となったのは2000年。湖北省の明顕陵、河北省の清東陵と清西陵、北京市にある明十三陵、江蘇省の明孝陵、遼寧省の関外三陵の6つである。中でも現存する最大規模の陵墓群は、明朝第三代の永楽帝が1409年に着工した総面積約823万uの明十三陵。永楽帝以降13人の皇帝が眠っている。清代では、順治帝や康煕帝、乾隆帝ら161人を納めた清東陵。清朝末期の権力者、西太后もこの中に。古来思想にのっとり、建造場所はすべて風水によって決められたという。じつに中国らしいエピソードだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/04/23 世界遺産

世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

中国旅行イメージ-世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには? 世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

福建土楼をご存知でしょうか? 中国の福建省に点在する客家の人たちの伝統的集合住宅です。客家とは、古代より中国東北部や中原から南下してきた漢民族の一派で、客人すなわち「よそ者」の意味があるといいます。そんな客家の中には、のちに台湾や東南アジア諸国にわたった人たちもいて、多くの傑物を輩出しています。元台湾総統の李登輝、タイガーバームの創設者胡文虎、リー・クアンユー・シンガポール初代大統領などそうそうたる顔ぶれです。そんな客家人の故郷とも言える場所が福建土楼なのです。厦門からは様々な日帰りツアーが出ています。料金は2万円前後です。ツアーに参加すれば簡単に見て回れますが、今回は個人旅行のご案内です。ま…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「明・清時代の皇帝陵墓」についてご紹介します。明・清時代の皇帝陵墓の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。