世界遺産「蘇州の園林(拙政園)」の詳細情報

中国の世界遺産・名所ガイド

Classical Gardens of Suzhou

蘇州の園林

名称:蘇州の園林(中国
英語名称:Classical Gardens of Suzhou
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1997・2000年

明代の豪商や役人が造営した名園

中国四大名園に数えられる蘇州最大規模の拙政園と、最小規模の留園。その2つを含む9つが、1997年に蘇州の古典園林群として世界遺産に登録された。その誕生に「東洋のベニス」と称された、蘇州の地理的条件が深く関わっていたことは興味深い。長江下流のデルタ地帯。その南には街を流れる無数の小運河があり、その利を生かした蘇州は、北方への物流拠点として発展を遂げる。現在残る古典園林群の多くは、16〜18世紀の豪商や官僚によって作られたものが大半を占め、最盛期の明・清時代には200を数えた。特徴は、豊富な水を使って池を庭園の中心に配すること。ユニークな自然環境と豊かな発想が生み出した世界遺産ということができるだろう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!中国の世界遺産最新情報

2017/04/23 世界遺産

世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

中国旅行イメージ-世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには? 世界遺産の福建土楼へ行くには厦門(アモイ)が拠点〜世界遺産の土楼に泊まるには?

福建土楼をご存知でしょうか? 中国の福建省に点在する客家の人たちの伝統的集合住宅です。客家とは、古代より中国東北部や中原から南下してきた漢民族の一派で、客人すなわち「よそ者」の意味があるといいます。そんな客家の中には、のちに台湾や東南アジア諸国にわたった人たちもいて、多くの傑物を輩出しています。元台湾総統の李登輝、タイガーバームの創設者胡文虎、リー・クアンユー・シンガポール初代大統領などそうそうたる顔ぶれです。そんな客家人の故郷とも言える場所が福建土楼なのです。厦門からは様々な日帰りツアーが出ています。料金は2万円前後です。ツアーに参加すれば簡単に見て回れますが、今回は個人旅行のご案内です。ま…続きを見る



「拙政園」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 14.70万円
旅行代金: 14.40万円
燃油目安: 0.30万円
4日間
東京発

中国 ツアー

最新版の新幹線利用で各都市を移動!☆杭州・蘇州・上海 3都市ゆったり巡り☆日本語スルーガイドがご案内 4日間

ホテル:友誼賓館又は同等クラス(蘇州(スゥチョウ…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

...をご案内 ●中国四大名園のひとつ拙政園観光 ●銘茶で名高い龍井茶試飲...... 蘇州着後、中国四大名園のひとつ拙政園、刺繍研究所と山塘街散策へご案...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 33.40万円
旅行代金: 33.30万円
燃油目安: 0.10万円
8日間
東京発

中国 ツアー

中国の4つの世界遺産を訪ねて☆景勝地・黄山・泰山と孔廟・蘇州

ホテル:リョキョカキョウハンテン北京(北京)、闕…
航空会社:中国国際航空 指定

日程表を見る

...、蘇州市内観光(寒山寺、虎丘、拙政園) 夕刻:蘇州<列車>上海 着後...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国の世界遺産「蘇州の園林」についてご紹介します。蘇州の園林の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。