見た目で損をしているシルクロードの肉料理

臓物料理が、全然くダメって人にはムリにすすめません。「見た目が悪いので敬遠してます」という人なら、ぜひ、食べてみて欲しいという新疆の肉料理があります。中国の西の端っこ、新疆ウイグル自治区には少数民族のウイグル族が住んでいます。イスラム教を信仰するウイグル族が多い地区に行くと、モスクやイスラム建築の家屋が並んでいます。中国なのに中央アジアのような雰囲気にかわります。ウイグル族の市場、バザールに行くと、必ず、見た目が非常に悪い肉料理があります。

新疆ウイグル自治区のカシュガルのバザールは、ウプッケ激戦区 新疆ウイグル自治区のカシュガルのバザールは、ウプッケ激戦区

ウイグル族の肉料理「ウプッケ」とは?

その肉料理は、ウイグル語では「ウプッケエ−スイプ」と言います。単に「ウプッケ」と呼ぶことも多く、中国語では「羊雑肺(ヤンザーフェイ)」です。漢字の通り、羊の肺を使った料理ですが、メインとなるのは羊の腸です。ブヨッとした肌色の腸と黄味がかった石のような肺が、不気味と言おうか、強烈な印象です。カシュガルや和田などのウイグル族が多い都市のバザールに行くと、食べはしないけれど写真を撮っている旅行者の姿を必ず、見かけます。本当にウプッケは、見ためで損をしています。

食べてみると、意外なウプッケのお味

ウプッケの肌色の腸の中に詰まっているのは、ごはんです。この腸詰めと肺をゆでたものに、ピリッと辛いソースをかけて食べます。むっちりした腸詰めとほど良い固さの肺は、ゆでただけなので意外なほどあっさり。癖がありません。ピリ辛ソースとの相性も良く、日本人向けの味つけじゃない? 羊は臭くて苦手という人でも食べられそうなほど、さっぱり味です。こんなにおいしいならもっと前から食べておくんだったと後悔です。

ウプッケは、ウイグル族の大好物

このウプッケは、ウイグル族の好物と言ってもいい肉料理であり、臓物料理です。バザールに行けば、ウプッケは必ずある人気料理ですが、レストランでも食べられます。ウプッケは、水を変えながら腸の内側を根気強く何度も洗う必要があります。下処理が大変、面倒なので、家では、作ることができない料理だそうです。だからバザールやレストランに行くと、ウイグル族は、食べたくなっちゃうんですね。私も以前は、記念に写真だけは撮っておく人でした。一回、食べると、はまりますよ〜。おすすめは、レストランのウプッケです。内臓の新鮮さやボリュームがバザールの露店より格段いいのです。食べる時は、ぜひレストランのウプッケをお試しあれ!