日本人も好き! 羊の本場で食べたいあの食べ物

キーンと冷えたビールと一緒に楽しめないのは、不満ですが、新疆ウイグル自治区の食の楽しみといえば、焼きたてのシシカバブです。新疆ウイグル自治区は中国の一番西、地図で見るとインドの北側になります。ここまで西にやってくると、住んでいる民族も食文化も漢民族とは変わってきます。新疆ウイグル自治区に多く住んでいるのは、少数民族のウイグル族です。イスラム教を信仰しているので、宗教上の理由から豚肉は食べず、お酒も(建前上は)飲みません。シシカバブは、ウイグル族が肉の中でも最上とする羊肉の炭火焼きのことです。日本人旅行者も大好きなシシカバブが、この数年、だいぶ変わってきました。

ユチェカバブより、日本人にはジガー(レバー)のカバブのほうが食べやすい ユチェカバブより、日本人にはジガー(レバー)のカバブのほうが食べやすい

シシカバブ屋台に異変あり!

新疆ウイグル自治区の市場、バザールや屋台が集まるところを探しても、なかなかシシカバブの屋台が見つかりません。あることはあるんですが、日本人が食べたい精肉のシシカバブ屋が、ものすごく減りました。今、人気は内臓のカバブ屋さんです。つやつやした赤色のレバーのカバブは「ジガーカバブ」です。表面にもろもろした粉がついている黄色っぽい腸のカバブで「ユチェカバブ」と言います。もろもろの粉は卵にとうもろこしの粉を混ぜたもので、臭みをとる役割を果たしています。

内臓系のカバブがバカ売れの訳とは?

新疆ウイグル自治区の中でも西にある、古都カシュガルのバザールに行くと、このジガーやユチェカバブ屋さんばかりが目につきます。夕方になると、ウイグル族の男たちや買い物に来た女性たちが群がり、繁盛している様子が伝わってきます。日本人が食べたい精肉のカバブと比べると、ユチェカバブは5分の1、ジガーカバブは3分の1ぐらいの値段です。精肉のカバブ1本の値段で、ユチェカバブなら5本、ジガーカバブなら3本買えるのです。新疆ウイグル自治区は、所得は他の地方より少ないのに、物価は安くない地域です。シシカバブだって、安くて量が多いほうにお客が流れてしまうのは、仕方ないことです。

精肉のカバブにも異変あり!

この物価高では、精肉のカバブって、ずいぶんぜいたくなものです。精肉のカバブは羊ですが、臓物系のカバブは羊ではなく、牛を使っているところがほとんど。牛はもともと羊よりも安く、体が大きいので、内臓の量もたっぷりなので、内臓のカバブは激安なのです。精肉のカバブも、羊肉の値上がりのスピードが早すぎるので、肉の串には大きな脂身が混じるようになりました。今、新疆ウイグル自治区は本当に物価高です。シシカバブの本場で思いっきり食べたいシシカバブですが、旅行者も激安の内臓カバブに走ってしまうかもしれません。