新疆ウイグル自治区のバザールで日本人旅行者がやってみたいこと

油がジュージューのシシカバブとどこからか調達してきたビールを飲みながら「これをやってみたかった!」と言う日本人旅行者に会うことがよくあります。中国の西の端にある新疆ウイグル自治区のさらに西の端にあるカシュガルは、巨大なバザールで知られる古都です。中央アジアのような素朴なバザールで、おもいっきりシシカバブをほうばりたいと思う日本人は少なくありません。シシカバブは、中国語で「羊肉串(ヤンロウチュア)」や「カオ(火へんに考)羊肉串」と呼ばれている羊肉の炭火焼きです。新疆ウイグル自治区のカシュガルでは、羊肉串とは、あまり呼びません。単に「カオ肉(ロウ)」と言うが多いのですが、このカオ肉、けっこうあたりはずれがあります。

屋台でシシカバブをほおばるのは、やはり最高! このために新疆に行っていると言ってもいいぐらい 屋台でシシカバブをほおばるのは、やはり最高! このために新疆に行っていると言ってもいいぐらい

美味しいカオ肉を決めるポイントとは?

カオ肉の美味しさは、何と言っても肉の質で決まります。それから肉の切り方も重要。やはり大きく切ったものが美味しい。そしてスパイスの使い方。新疆ウイグル自治区でカオ肉に使われるのは、塩、粉唐辛子、ズーラン粉の3種類です。ズーラン粉とは、クミンのことです。個人的には、カシュガルで食べるカオ肉の味付けが、一番、私にはあいます。辛すぎず、しょっぱすぎず、肉本来の美味しさを際立たせている配合だと思っています。これが回族が多い青海省に行くと、粉唐辛子をたっぷりかけるので辛味が強くなってきます。肉の切り方も新疆ウイグル自治区のものより一切れがこぶりです。

カシュガルのカオ肉。唐辛子は少な目で日本人向き カシュガルのカオ肉。唐辛子は少な目で日本人向き

2種類の肉が刺さっている新疆のカオ肉

一番、重要な羊肉の質ですが、これは、旅行者には、なかなかわかりません。新疆では伊寧(イーニン)産の羊が一番美味しいと言われており、これには個人的に納得です。しかし、伊寧以外の都市でカオ肉を食べることも多いです。そんなとき超簡単な美味しいカオ肉の見分け方があります。それは、肉の組み合わせです。カオ肉は、一串にだいたい4、5切ほどの肉を刺しています。中国では赤身の肉を「痩肉(ショウロウ)」、脂身を「肥肉(フェイロウ)」と言います。この両方を混ぜて串に刺しています。痩肉と肥肉のバランスが、美味しいカオ肉探しの重要なチェックポイントです。

伊寧のカオ肉は、カシュガルよりも唐辛子をたっぷり使っているので辛目。肉のやわらかさは、安い屋台でも伊寧のほうが上 伊寧のカオ肉は、カシュガルよりも唐辛子をたっぷり使っているので辛目。肉のやわらかさは、安い屋台でも伊寧のほうが上

あなたにとって痩肉と肥肉の一番いいバランスとは?

今、シルクロードでは、カオ肉は、だいたい1本5、6元(約85、102円)です。一串は、だいたい痩肉が4切れ、肥肉が1切れぐらいです。安いお店に行くと、肥肉が2切れ入っていることもあります。ウイグル族にも、やはり赤身の痩肉が多いカオ肉が人気があります。焼きたてで油ジュージューのカオ肉なら肥肉すらも美味しいと思うこともありますが、わざわざ肥肉が多い店を選ぶほどではないです。日本人には、やはり4切れの肉のうち1切れが肥肉というのがちょうどいいのでは? 美味しいカオ肉を探す時、この痩肉と肥肉のバランスって重要ですよ! なんとなく雰囲気でお店に入ったり、注文する前に要チェックです!

ナンに挟んでカオ肉をテイクアウト。カオ肉は、4切れの肉のうち1切れが肥肉 ナンに挟んでカオ肉をテイクアウト。カオ肉は、4切れの肉のうち1切れが肥肉