観光スポット「カシュガル市街」の旅行情報

観光スポット「カシュガル市街」の旅行情報

カシュガル市街

名称:カシュガル市街(中国/カシュガル
ジャンル:観光スポット

中国最西端に位置するカシュガル(喀什)。漢代には疏勒と呼ばれ、古くからシルクロード東西交易の重要都市として栄えてきた。パキスタンなど隣国にも百数十キロメートルという距離だ。そのため街はイスラムの影響を色濃く受けている。街の中心部には1798年に建造された新疆最大のイスラム寺院、エイティガール寺院がある。この周囲のバザールも新疆最大規模。日用品から絨毯、帽子、食料品までそろい、市民の生活を垣間見ることができる楽しいエリアだ。寺院南側には職人街がある。見学がてら散策してみたい。17世紀にカシュガルの実権を握っていたホージャ族の墓であるホージャ墳、郊外にある莫爾仏塔、三仙洞なども見どころ。

ここに行くツアーを探す

カシュガル市街に関する写真

現地ガイド発!カシュガルの観光スポット最新情報

2016/03/10 観光地・名所

ちょっと綺麗になりすぎた? 新疆ウイグル自治区の古都、カシュガルの古い街並

カシュガル旅行イメージ-新しくなった老街。それにしてもなぜ、通りに改札機が? 将来、入場料を取る予定? 新しくなった老街。それにしてもなぜ、通りに改札機が? 将来、入場料を取る予定?

ガイドブックで紹介されているような立派な邸宅やお寺よりも、普通の民家のほうが印象に残ったなんてことはないですか? 中国の古い町並は、そこが既に観光地になっていても、なっていなかったとしても、ぶらぶら歩きが楽しいところです。中国の一番西、新疆ウイグル自治区の古都、カシュガルにも「老街(ラオジエ)」と呼ばれる伝統家屋が集まっている地区があります。カシュガルの中心部に立つ、黄色いエイティガール寺院の周辺がまさに老街です。少数民族のウイグル族が住む地区で、バザールもこの地区にあります。2015年の秋、3年ぶりにカシュガルを訪れると、老街が大きく変わっていました。続きを見る



 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

カシュガル市街への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。