雲南省に行ったら、「とりあえず過橋米線」の人が多い理由

「雲南省では、とりあえず過橋米線(グオチャオミーシェン)は食べなきゃ!」って、雲南省を訪れる旅行者のほとんどが思っていそうです。過橋米線は、なんたって雲南省では、一番知られた名物料理ですから。雲南省は中国の西南部にあり、穏やかな気候に恵まれた風光明媚な土地です。鮮やかな民族衣装の少数民族も住んでおり、日本人旅行者には人気があります。ガイドブックを見ると、雲南省のページには、必ずと言っていいほど過橋米線が紹介されています。米線とは、お米の粉で作ったビーフンのことです。同じく西南部の広西壮族自治区では、米粉(ミーフェン)といいますが、雲南省では米線と言います。

大救駕は、別名「炒餌絲(チャオアルスー)」。とにかく重くて腹もち良し! 大救駕は、別名「炒餌絲(チャオアルスー)」。とにかく重くて腹もち良し!

過橋米線って、いったいどんな料理?

過橋米線は、もともとは雲南省の中でも南部の紅河ハニ族イ族自治州の蒙自の名物料理です。鶏ベースのこってりしたスープと米線、薄切りにした鶏肉や豚肉、うずら卵などの具が別々に出てきます。食べる時に大きな丼に入った熱々のスープに自分で具や米線を入れて食べます。その他の米線と違い、スープや具が別々に出てきて、自分で混ぜて食べるという部分にスペシャル感があります。そのせいか食べ終わった後、満足感といおうか達成感すら沸いてきます。

どうしても米線にコシを求める人におすすめ!

過橋米線を食べたら、地元っ子に人気のその他の米線も食べてみませんか? 雲南省の省都、昆明の繁華街には必ずと言っていいほど「建新園(ジェンシンユェン)」という米線の老舗食堂があります。ここにはあらゆる米線がそろっているといってもいいほどレパートリーが豊富です。「米線はコシがないから苦手。もっとコシのある米線が食べたい」と思っている人には、おすすめの米線の一種があります。それが「餌絲(アルスー)」です。建新園で注文する時に、米線のかわりに餌絲を選ぶだけなので、具は米線と同じです。

さらなるコシを求める人には、これしかありません!

餌絲は、一見、米線と同じです。よく見ると、餌絲にはツヤがない感じです。食べてみると、しっかりしたコシがあるので、米線より重く食べ応えがあります。さらにコシを求める人には「大救駕(ダージュウジャー)」があります。これは幅広特大のパスタのような餌絲を炒めたものです。油をすって、こってりした特大の餌絲には、薄くきったお餅を炒めたようなモチモチ感があります。雲南省の米線は、一度食べるとファンになる日本人も多いのですが、コシのなさを物足りなく思う人もいます。そんな人は、過橋米線だけで終わりにしないで、餌絲も食べてみて下さいね! きっと好きになりますよ!