観光スポット「シーサンパンナタイ族自治州」の旅行情報

観光スポット「シーサンパンナタイ族自治州」の旅行情報

シーサンパンナタイ族自治州

名称:シーサンパンナタイ族自治州(中国/昆明
ジャンル:観光スポット

ミャンマー、ラオスと国境を接するシーサンパンナタイ族自治州は雲南省の南端に位置している。シーサンパンナとは12のエリアの意味。大きく3つの地区に分かれており、10以上の民族が生活している。タイ族が3分の1、漢族が3分の1、ハニ族、プーラン族などその他の民族が3分の1という構成だ。この地域最大の街は景洪。孔雀湖公園、民族風情園、貿易市場、郊外のガンランバ、曼飛龍仏塔などが見どころ。各民族の特色あふれる小さな街も点在している。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!昆明の観光スポット最新情報

2016/12/22 観光地・名所

海外旅行中国編! 名物の豆腐を求めて! 雲南省中部の黒井へ一人旅!

昆明旅行イメージ-黒井古鎮は、昆明から車でたった2時間なのに、こんなにのどかな風景! 黒井古鎮は、昆明から車でたった2時間なのに、こんなにのどかな風景!

黒井って、なんだか日本にもありそうな地名です。黒井は、雲南省中部の楚雄イ族自治州の禄豊県にある古鎮です。塩業で栄えた古鎮として知られ、最盛期の清代中期は、雲南省で上がってくる塩税の64%が黒井のものだったと言われています。黒井の由来には、物語があります。村びとが飼っていた黒牛がいなくなり、探し回っていたところ、黒牛を見つけました。黒牛がなめていた地面から塩が出たので、黒牛塩井と呼ばれるようになり、後に黒井になったそうです。村には、今も塩を掘った井戸は残っていますが、大量生産は終わっています。まだ、塩が出るので観光客用にわずかな量を売っている程度です。続きを見る



昆明旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

シーサンパンナタイ族自治州への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。