中国で大絶賛! 池袋の「無敵屋」のラーメン

池袋のラーメン店「無敵屋」は、中国人旅行者の間では、ラーメンの聖地だと言われているそうです。東京に行くなら、無敵屋のラーメンを食べに行かなくちゃ!という人も多いです。関西在住の私は、食べたことないのですが、無敵屋のラーメンは、どうやら濃厚な豚骨スープ。「中国でもこってりスープが人気なんだ!」と、びっくりです。中国滞在中、ほぼ毎日、麺類を食べる私ですが、中国でこんな濃厚なスープの麺はとても珍しいのです。脂っこいイメージがある中国料理ですが、ラーメンに関していえば、日本のほうがずっと脂っこいものが多い気がします。

上海名物の「素鶏麺」もラーメンの一種。鶏肉に似せたがんもどきのようなものがのっている 上海名物の「素鶏麺」もラーメンの一種。鶏肉に似せたがんもどきのようなものがのっている

中国を代表するラーメンと言えば、蘭州拉麺!

中国で有名なラーメンと言えば、甘粛省の蘭州拉麺です。甘粛省は、中国の西から2番目にある細長い省です。イスラム教を信仰する少数民族の回族が多く住んでおり、この回族が作った麺が蘭州拉麺です。イスラム教徒なので、もちろん、豚は一切使いません。牛骨のすっきり透明スープで食べる蘭州拉麺は、中国全土に広まっています。牛骨スープは、栄養があるのにしつこくありません。トッピングも牛肉と香菜のみ。ちなみに拉麺に限らず、中国の汁麺は、具がとにかくシンプル! 排骨(豚スペアリブ)麺と言えば、スペアリブとネギだけです。中国の拉麺は日本のラーメンとは、かなり違いがあります。

蘭州拉麺は、別名「牛肉麺」。そのわりには牛肉はほんの少ししか入っていない 蘭州拉麺は、別名「牛肉麺」。そのわりには牛肉はほんの少ししか入っていない

中国版食べログの「大衆点評」で無敵屋をチェック!

中国版の食べログともいえる「大衆点評」で、無敵屋をチェックしてみました。中国のラーメン屋さんかと思うほど、コメントがいっぱいでてきました。総合評価は、五つ星中の五つ星。他のサイトでは、「絶対、行くべき店」という評価も得ていました。人気の理由の一つは、3切れも入っている分厚い叉焼と煮卵です。「叉焼の分厚さがすごい!」、「煮卵を愛している」などの喜びのコメントが目につきます。中国の汁麺の具と言えば、肉入り麺なら肉が1種類、しかもちょっとだけというのが一般的です。無敵屋のように叉焼、煮卵、青菜、シナチク、特製のりなど、具だくさんなのが新鮮なようです。具だけでなく、麺に対する評価もとっても高いです。多くのコメントに「コシがある」と言う意味の「有筋道」の文字が見えます。

中国でのおいしい拉麺と日本でのおいしいラーメンの違い

さあ、気になるのは、スープです。コメントには、しょっぱいや脂っこいと言う言葉が目につきます。「普段、あっさりした麺を食べている人には、おすすめしない」と言う意見もあります。スープがいまいちと言うのは、私からすれば「まあまあ」になります。でも、中国では、100点ではないけど、おいしかったになります。というのも中国では、スープより麺重視。日本で良く見るようにラーメンを食べにいくと、まず、スープを味わうって人は、あまりいません。無敵屋のラーメンは、スープが少々脂っこくても、腰のある麺と豪華な具があるので、マイナスを補って余りあるって感じで人気のようです。京都河原町には、無敵屋の支店があります。私も中国で絶賛のラーメンを食べに行ってみようかな。