麗江(リーチアン)グルメ・料理ガイド

麗江(リーチアン)グルメガイド

麗江(リーチアン)のグルメ・伝統料理

雲南省北部に位置する麗江は、かつて少数民族ナシ族の都があった町。この地域にはナシ族以外にもイ族やリス族、ペー族などが住んでいるため、麗江グルメは少数民族の伝統料理が多い。麗江ババは麗江での主食で、揚げ焼きしたパイのような食べもの。観光客が多い麗江古城でも売られている。このほか代表的な食事に、ナシ族の万漢全席(贅を尽くした宴席料理)といわれる三畳水がある。また、キノコの産地として有名な雲南省では、キノコを使った料理が多い。(2015年編集部調べ)


麗江(リーチアン)のレストラン・屋台

麗江観光の目玉である麗江古城には、漢族やナシ族のレストランが数多くあり、値段は少々高いながらも食べ物には困らない。古城の中心にある四方街には屋台や食堂がひしめき、過橋米線などの雲南料理が食べられる。このほか、古城内にはさまざまな味付けをした麗江ババや、豆の澱粉で作った麺料理の鶏豆涼粉を売る屋台があり食べ歩きができる。麗江古城の外側、新大街と民主路の境あたりには夜になると屋台が並び、炭火焼きなどを楽しむことができる。

麗江(リーチアン)の水・お酒

町のあちこちで清らかな流れが見られる麗江では、水道水も飲めそうに思えてしまうが、お腹を壊す可能性があるため生水は避けたほうがいい。煮沸するか、またはペットボトル入りのミネラルウォーターを購入すること。ビールは雲南省産の大理ビールや瀾滄江(らんそうこう)ビールなどがよく飲まれている。また、雲南麗江窖酒は、大麦と小麦、コーリャン、玉龍雪山の雪解け水を使った蒸留酒。ナシ族の祝い事などには欠かせないお酒だ。


現地ガイド発!麗江(リーチアン)のグルメ・料理最新情報

2017/06/25 グルメ

海外旅行中国編! 名物料理が豊富でおいしい! 四川省の会理古城に行ってみよう!

麗江(リーチアン)旅行イメージ-会理古城の鼓楼は、清代の雍正12(1734)年に建てられたもの。修復工事がいまひとつで妙に新しい感じがしてしまっている 会理古城の鼓楼は、清代の雍正12(1734)年に建てられたもの。修復工事がいまひとつで妙に新しい感じがしてしまっている

「景色も古い街並みも文句なしなんだけど、ただ、ごはんが・・・」。写真通りの雰囲気のある古鎮でも、ごはんの選択肢がないと、私の中ではちょっと評価が落ちてしまいます。私の場合、名物料理も古鎮や古城の大きなポイントの一つです。しかも名物料理は、麺やビーフン、餅(粉もの)など、ひとりで食べられる小吃(軽食)がいいのです。そこでしか獲れない魚料理など、興味はあるのですが、一人ではなかなかトライできないので。私にとって、本当に行って楽しい古鎮は、古い街並みがしっかり残っていて、街歩きが楽しく、いろんな名物料理のつまみぐいができるところです。最近、私の評価で100点満点の古城に出会いました。四川省南部の会理…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


麗江(リーチアン)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる麗江(リーチアン)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
麗江(リーチアン)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!