皇帝の宮殿じゃないのに「皇城相府」と呼ばれる訳

「うわ〜っ、こんな山奥にすごい豪邸! さすが康熙帝の先生の実家だけのことはある!」。今、私が立っているのは山西省晋城に近い「皇城相府」です。皇帝が住む宮殿でもないのに「皇城相府」と名付けられたのは、ここを康熙帝が2回も訪れたからです。康熙帝は、清朝の第4代皇帝でもあり、中国の歴代皇帝の中で最も名君だと言われています。晋城相府は北京の西側にある山西省の中でも南部にあります。寒くて乾燥した山西省の中でも一番南部なので、寒さは比較的マシなはずですが、皇城相府の冬は骨まで冷えそうなところです。というのも周囲に本当に何もなく、山の中にポツンとたたずんでいます。

おすすめ! 山西省晋城にある康熙帝の先生のお宅を訪問 おすすめ! 山西省晋城にある康熙帝の先生のお宅を訪問

皇帝の先生の実家はどんな家?

皇城相府は明代末期の崇禎5(1632)年に陳昌言によって、内城の建設が始まりました。外城が完成したのは、清代の康煕42(1703)年、70年以上かけて作っただけあって、豪邸というより城壁に囲まれた一つの村です。康熙帝の先生になった陳延敬は一生で28回も昇進したと言われています。康煕帝のお気に入りだったんですね。陳氏は1501〜1760年にかけて科挙の試験で9名もの最高位の合格者と地方試験の合格者41名を出した名門です。陳氏の邸宅である皇城相府の中には16ものお屋敷があり、総部屋数は640室! 全部が開放されているわけではありませんが、マイペースで見学していきましょう!

皇城相府で絶対、見たいおすすめポイント!

皇城相府でひときわ目立つのは「河山楼」です。ストンと四角い塔なので、すぐわかります。皇城相府はもとは明代末期の戦を避けるために建てられた要塞です。高さ30数メートルの河山楼には1632年、陳氏一族と村人約800人が避難したという記録が残っています。河山楼の奥にある横に長い建物は「藏兵洞」です。アーチ形の入り口の部屋が横にずら〜っと並んでいます。5層建てで合計107室もあると言われ、兵士が隠れていた場所というより兵士の待機場所です。藏兵洞は簡素ですが、お屋敷の豪華な木彫や柱の台座の装飾も凝ったものです。科挙の合格者を何人も送りだした家が持っている財力に圧倒されました!

皇城相府へのおすすめプラン!

皇城相府の行き方は晋城の東バスターミナルより「相府」行きのバスに乗れば、約30分でその真ん前に到着です。東バスターミナルから約20分に1本出ているので便利そのもの。ただし、午後になると皇城相府の真ん前まで行かずに、手前の北留鎮が終点になります。北留鎮から皇城相府まではタクシーも多く、5元(約100円)で行ってくれます。その前に晋城を目指す旅行者はあまりいません。おすすめは河南省の洛陽から行く方法です。世界遺産の龍門石窟がある古都洛陽と晋城は長距離バスで約2時間です。山奥に突如現れる豪邸に、中国の底知れぬ深さを感じる旅になること間違いなしです!