青海湖(チンハイフー)旅行・青海湖(チンハイフー)観光徹底ガイド

青海湖(チンハイフー)旅行・青海湖(チンハイフー)観光徹底ガイド

青海湖(チンハイフー)旅行・観光の見どころ・観光情報

青海湖は、周囲約360km、面積約4500平方kmという、中国最大の塩水湖だ。これは日本最大の湖の琵琶湖の約6倍の面積にあたる。この青海湖への起点の町となるのが、青海省の省都、西寧だ。青海湖観光のハイライトは、青海湖の東側の標高3500mの峠に建つ「日月亭」や10万羽以上の渡り鳥がやってくる「鳥島」など。冬の寒さの厳しい青海湖の旅行シーズンは夏に限られる。6〜9月にかけて湖岸は、菜の花の黄色に変わり、それを見にやってくる観光客が多い。この時期は鳥島観光のシーズンとも重なるので、青海湖を訪れるなら、この菜の花の季節がおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

青海湖(チンハイフー)へ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
中国語、チベット語 RMP 約6時間 約-1時間

青海湖(チンハイフー)の人気問合せ情報

青海湖(チンハイフー)の最安値カレンダー

青海湖(チンハイフー)旅行・観光の選び方

青海省周遊型か、青蔵鉄道に乗ってチベットを訪れるプラン付きか

青海湖へのツアーは、青蔵鉄道の旅とセットになっているものが多い。ツアー期間は、青海省周遊型なら6日間、青蔵鉄道に乗り、チベット自治区のラサを訪れるプラン付きなら8日間が一般的だ。どちらも西寧から青海湖に行く途中、ラマ教寺院のタール寺を観光する。食事は、四川料理などの一般的な中華料理を楽しむ。青海湖を訪れた際には、チベット族の観光用のパオ(テント)で、バター茶やツアンパなどの簡単なチベット料理も味わえる。(2016年9月編集部調べ)


青海湖(チンハイフー)のグルメ・伝統料理

青海省に多く住む回族は中国の粉もの名人として知られている。回族が作る一口大にちぎった麺を炒め煮した麺片は、郷土料理で、大変おいしい。青海省での食事に出てくる肉は羊が多く、唐辛子とクミンがきいた羊の串焼きや骨付き羊肉の炭火焼きなどが有名。現地グルメなら手抓羊肉が美味。骨付き羊肉の煮込みで、漢、回、チベット族など、民族を越えた伝統料理だ。ヤクの牛乳で作った濃厚なヨーグルトも名物。街でお碗入りヨーグルトを見かけたら、食べてみよう。 (2015年編集部調べ)

青海湖(チンハイフー)のショッピング情報

青海湖では高級品やクオリティが高い買い物は難しい。遊牧民が観光用のチベット族のパオやテントに売りに来る、財布やポーチなどの民芸品がデザインや色がおもしろくておすすめ。チベット族が好む銀、トルコ石、さんごなどを使った指輪やブレスレットなどのアクセサリーは中国人の若者にも人気がある。日本人から見てもおしゃれでお土産にも使えそう。値段は交渉制。チベット人は商売上手なので、じっくりあきらめないで値段交渉をしよう。 (2015年編集部調べ)

青海湖(チンハイフー)の気温・降水量ベストシーズン情報

観光のベストシーズンは、雨の多い時期にあたるが、湖岸が菜の花で埋め尽くされる7,8月。鳥島で野鳥を観察するのが目的なら4月中旬から6月中旬がおすすめ。天気が変わりやすいので、服装は夏でもパーカーは必須。 (2015年編集部調べ)

青海湖(チンハイフー)の人気ツアー

青海湖(チンハイフー)旅行・青海湖(チンハイフー)観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top