page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

上海の夜景を独占したい!なら注目のホテル「ハイアット・オン・ザ・バンド」へ


掲載日:2008/02/01 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい お茶 新しい 美しい 夜景


ホテル競争激化の上海、さあどこに泊まる?

昼と夜とで全く違う表情を見せるバンド。ホテルでなら居ながらにしてどちらも鑑賞可能! 昼と夜とで全く違う表情を見せるバンド。ホテルでなら居ながらにしてどちらも鑑賞可能!

2010年の万博開催を視野に入れ、上海は今まさにホテル建設ラッシュ。世界一流ブランドのホテルも続々とオープンしています。
せっかくの上海旅行、ホテルにもこだわりたいという方もいらっしゃるはず。私が最近一番注目していた、2007年10月にグランドオープンしたばかりの「ハイアット・オン・ザ・バンド」に、先日宿泊してきましたのでご紹介します!
このホテルの最大のウリはやはりその立地。上海を代表する観光地バンド(別名:外灘)の北側にあり、バンド側と東方明珠塔のある浦東側の両方の景色を同時に眺めることができるのです!

ロビーもお部屋も開放感にあふれた作り!

清潔感&くつろぎ感にあふれたバスルーム。右側にバスダブとトイレがあります。なおバス独立じゃないタイプの部屋もあるようなので、事前によく確認してください 清潔感&くつろぎ感にあふれたバスルーム。右側にバスダブとトイレがあります。なおバス独立じゃないタイプの部屋もあるようなので、事前によく確認してください

ホテルに一歩入ると、明るくて開放感のあるロビーが広がります。ロビー階から見下ろせる1つ下の階には人工の川が流れていて、清涼感たっぷり。フロントの対応もキビキビとしていて気持ちが良いです。
さてお部屋へ。インテリアはシック&モダンで、落ち着いた大人の空間という感じ。バスルームはシャワーブース、バスダブ、トイレがガラスでそれぞれ仕切られていて、バスダブでくつろぎたい日本人には嬉しい構造。開放感がありすぎて少々気まずい感じもしますが、必要なときはベッドルームにつながる開口部分は全て閉じることもでき、安心です。

上海の夜景を独占しつつ贅沢な時間を過ごそう

これが外灘ビューのお部屋からの見える夜景。実物はため息の出る美しさですよ これが外灘ビューのお部屋からの見える夜景。実物はため息の出る美しさですよ

実はこのホテルで一番お勧めのお部屋は「バンドスイート」で、このお部屋からのみ黄浦江を挟んだ両側の景色が見えるのだとか。今回宿泊したお部屋は残念ながらバンド側の景色しか見えなかったのですが、間近に見るライトアップされたバンドの夜景は素晴らしく、見ごたえありでしたよ!しかもベッドに寝そべった状態で正面に夜景を捉えることができるのも心憎いですね。
バンドのライトアップは22時半に消えてしまうため(季節によって変動あり)、少し早めにホテルに戻り、お部屋で夜景を堪能しつつのんびりするのがベストかも。

行き届いたサービス、そして大絶賛の朝食

お茶は、龍井茶・プーアール茶・バラ茶・菊茶の4種類(無料) お茶は、龍井茶・プーアール茶・バラ茶・菊茶の4種類(無料)

部屋において他に嬉しかったのが、4種類の中国茶が用意されていて自由に飲めること。飲料水のペットボトルが人数分部屋に用意されていますが、ルームサービスに頼めば追加で持ってきてくれます。I-podドッキングステーションの存在も、部屋で自分のお気に入りの音楽が聴けて快適度アップ。
また、朝食を「アロマ」というビュッフェスタイルのレストランで頂いたのですが、ここの充実ぶりすごいです!洋・中華中心ですが、チーズやハムなども充実しており、朝からワインが飲みたくなったほど。お味についてもかなりハイレベル!絶対お勧めです!

【関連情報】

ベッドの上の貝殻細工の扉の向こうがバスルーム。この扉は閉めることもできます ベッドの上の貝殻細工の扉の向こうがバスルーム。この扉は閉めることもできます

■ハイアット・オン・ザ・バンド(上海外灘茂悦大酒店・HYATT ON THE BUND)
住所:上海市黄浦路199号
電話:(+86) 21-6393-1234

■ホテルへのアクセス
タクシー利用で浦東国際空港から約50分、虹橋空港から約30分
地下鉄2号線「南京東路」からタクシーで約5分。

※バンド(外灘)までタクシーでワンメーター、徒歩15分ほどです。夜ホテルへのお帰りの際は、付近がちょっと暗いため、タクシー利用をお勧めします。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索