page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

プーアール茶、ジャスミン茶、烏龍茶…人気の中国茶が選り取りみどりのお茶市場へ!


掲載日:2008/02/15 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 上海

タグ: お茶 お土産 ショッピング 雑貨


賢く楽しく手に入れるならやっぱりお茶市場

写真は茉莉花茶(ジャスミン茶)。香りはもちろん、お湯を加えた後の茶葉の色も美しい〜。日本で人気の花が開くタイプの茶葉もたくさんありますよ 写真は茉莉花茶(ジャスミン茶)。香りはもちろん、お湯を加えた後の茶葉の色も美しい〜。日本で人気の花が開くタイプの茶葉もたくさんありますよ

中国土産の定番といえば「中国茶」。ただ中国茶は種類が豊富で、グレードによってもお値段が様々。詳しい方を除いては、お茶屋さんの店先で勧められるままに何となくといった感じで購入されている方がほとんどでは?
かくいう私もそうでしたが、今からご紹介するお茶市場で茶葉を買うようになってから、自分でもお茶を楽しみ、友達にもやっつけのお土産ではなく、ちゃんといいものを選ぶことを覚えました。
数あるお茶市場の中でも、今回は上海で唯一、中国茶葉流通協会が認めた国家専業茶葉卸売市場として有名な「天山茶城」をご紹介します。

天山茶城は産地直送の茶葉を扱う卸売市場

お茶屋さんはそれぞれ得意分野があるので、数軒ハシゴして、好みのお茶を探すのがオススメ お茶屋さんはそれぞれ得意分野があるので、数軒ハシゴして、好みのお茶を探すのがオススメ

明・清の時代風建築の天山茶城の1階は、お茶屋さんでびっしり。卸売市場なので基本的には業者相手ですが、個人購入も可能です。なお日本の業者の方もここに買い付けに来るそう。
ここで茶葉を購入するメリットは、(1)一般のお茶屋さんよりも種類やグレードが豊富で安価(あくまでファーストプライス。後は値切り次第です)、(2)空いているのでじっくり座って試飲して選べる、(3)雰囲気が楽しい、です。
観光地から離れているせいか、閑散としていていまいち商売っ気が薄いのも「買わされる〜!」という圧迫感がなくて、安心して買い物ができます

気になるお茶はどんどん飲ませてもらっちゃおう

作法を見ているのも面白い。ちなみにお茶は30g位から注文可能で、50g以上だとそれぞれ小さくてかわいい箱に入れてくれます。たくさん買うと安くしてくれますよ! 作法を見ているのも面白い。ちなみにお茶は30g位から注文可能で、50g以上だとそれぞれ小さくてかわいい箱に入れてくれます。たくさん買うと安くしてくれますよ!

私がよく行くのは、福建省から出向いている廖さん一家のお店。色んな種類の茶葉を置いていますが、やはり福建省といえば烏龍茶。実家で生産から関わっている茶葉を直接上海に取り寄せているそうで、品揃えと品質に自信を持っています。
有名な鉄観音はもちろん、高級烏龍茶とされる大紅袍(ダーホンバオ)も様々な等級で揃えています。片言ですが日本語が話せるので、入れ方や効能について筆談も交えつつ丁寧に説明してくれます。
飲んでみたいお茶があったら積極的にリクエストしてみてください。高級茶も割と惜しみなく飲ませてくれますよ!

2階にはつい欲しくなっちゃう茶器がたくさん

中国茶器のセット。インテリアとして飾ってもかわいいかも 中国茶器のセット。インテリアとして飾ってもかわいいかも

お茶の作法を見ているうちに、中国茶器に興味が湧いてくる方も多いはず。そんな方は2階の茶器市場へ。ここには中国茶器を扱うお店がずらりと並び、ウィンドー越しに眺めているだけでも本当に楽しい!
でもせっかくだから入ってじっくり見てみましょう。素敵なものがたくさんあります。気に入ったものがあったら値段交渉してみて。頑張りにもよりますが、豫園などで買うよりもずっと安く買えるはずです。帰国してから揃えようと思うと結構お高い茶器、ここで一式揃えてみては。帰国してからのお茶タイムがより楽しくなること間違いなしです!

【関連情報】

天山茶城の外観。冬はエアコンが効かずすごく寒いので暖かい格好で! 天山茶城の外観。冬はエアコンが効かずすごく寒いので暖かい格好で!

■天山(ティエンシャン)茶城
住所:長寧区中山西路520号(玉屏南路との交差点)
アクセス:地下鉄2,3,4号線「中山公園駅」から徒歩15分。長寧路を高架路方面に直進し、高架路(中山西路)を渡り、左折。しばらく歩くと右側に「天山茶城」あります。タクシーの場合は同駅から5分。
営業時間:8:00〜22:00 無休 (店によって異なる可能性有り)
廖さん一家のお店「廖氏茶埠」は1階1111、1077、2階2050の3店舗

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索