page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ビューティーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

血行促進やコリ、そして美容にも効果的!中国民間療法の「カッピング」にトライ!


掲載日:2008/03/31 テーマ:ビューティー 行き先: 中国 / 上海

タグ: キレイ 安い


カッピングとは?

これがカッピング。見た目はちょっと気持ち悪いかも…。ちなみにこれは私じゃありません(笑) これがカッピング。見た目はちょっと気持ち悪いかも…。ちなみにこれは私じゃありません(笑)

カッピングをご存知でしょうか?日本語では「吸玉(すいだま)療法」とも言うようです。真空状態にした丸いガラスの玉を背中などに貼り付け、皮膚を吸引し、健康改善を行う療法のことを言い、中国では広く一般的に行われているよう。このカッピングをメニューにおいてあるマッサージ店が上海の街中にもたくさんあり、マッサージのついでに気軽に挑戦することができます
日本でもエステ店などで体験できるようですが、上海の場合料金に幅があるのものの、私がよく行くごく一般的なお店の場合で、35元(約525円)とお手頃価格なのです!

気になるその効果は?

さてその効果についてですが、血液を綺麗にする、血行をよくする、血管を始め組織を強化する、皮膚の弾力性を保つ、関節の働きを円滑にする、内臓諸器官を活発にする、神経を正常に調整する、体の深部にまで及ぶきわめて強力なマッサージ効果、そしてダイエット効果や美肌効果もあるそうですよ!
冷え性&凝り性で皮膚の弾力性が失われつつあり、ちょっと偏り気味の食生活により「もしや血がドロドロ?」という点が懸念される私にピッタリな療法。「痛そう」というイメージが先行し、いまだ未体験でしたが、この度トライしてきましたのでご紹介します!

いざ、カッピングを体験!

肩・背中から腰にかけての施術になるので、上半身を出した状態でうつぶせになり、まずは簡単な背中マッサージ。その後真空状態にしたガラス玉をぽんぽんくっつけていきます。玉を載せたとたんに皮膚と肉がギュウっと引っ張られ、ちょっと痛いです。そのまま手際よくマッサージ師が玉を載せ続け、19個載せたところで数分間放置。それから順次外していっておしまい。時間にしてわずか30分足らず。外した後の背中は画像のように、跡がしっかりついてしまうのですが、この色が濃いほど該当する内臓等の状態がよくないということだそう。

やり終わった感想は…

施術後はこんな感じになります(個人差あり)。ちょっと衝撃的ですが、体内の悪いものが出た証拠です! 施術後はこんな感じになります(個人差あり)。ちょっと衝撃的ですが、体内の悪いものが出た証拠です!

直後の感想としては、やはり血行がかなり良くなったようで、かなり寒い日に行ったのですが、体が夜までポカポカして寝つきがよかったですね。その状態が数日間続いて、肩こりも軽減されたような気がします。継続的にやればもっと効果が出てくると思うので、上海で試してみて気に入ったら日本で通うというのもアリかもしれませんね!
気になる施術跡ですが、5〜10日くらいで消えるそうなのでご安心を
ちなみに跡の色を見て、自分はどこが悪いのか気になる方はマッサージ師さんに聞いてみてください。カタコトの日本語で教えてくれるかも!

【関連情報】

店内の様子。日本人が多く住んでいる古北エリアにあるため、駐在の日本人客が多く、店が清潔でカタコトの日本語を話せるマッサージ師も多いので安心 店内の様子。日本人が多く住んでいる古北エリアにあるため、駐在の日本人客が多く、店が清潔でカタコトの日本語を話せるマッサージ師も多いので安心

■怡徳(イダー)保健中心
住所:上海市古北新区榮華東道88号201室(古北太陽広場2階)
(古北路との交差点近くにあるビル。1階に日本食店「古北食堂」があります。)
アクセス:タクシー利用が便利。市の中心付近から約30分。
電話番号:(+86)21-6270-7151
営業時間:10:00〜24:30、週末夜間は混雑するためホテル等から予約を入れてもらうのがベター。
2008年3月現在の料金:カッピング1回35元、足・全身マッサージ1時間70元。
個人的な感想ですが、ここ腕のいいマッサージ師が多いと思います。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索