page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

翌日のお肌はぷるぷる うるりん!亀ゼリー専門店で手軽に「食べる美肌エステ」


掲載日:2008/05/02 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: キレイ グルメ レストラン


上海では非常に安く手軽に楽しめる亀ゼリー

様々なフルーツが入った、鮮果球亀苓膏(18元、約270円)。ゼリーの苦味をフルーツの甘さがやわらげてくれます 様々なフルーツが入った、鮮果球亀苓膏(18元、約270円)。ゼリーの苦味をフルーツの甘さがやわらげてくれます

皆さん亀ゼリーをご存じですか?私もかなり昔、まだ日本にいる頃、肌に良いと聞いて横浜中華街まで買いに走ったことがあります。
でもその時の感想は「高いのにイマイチ」で、それ以来遠のいていたのですが、ここ上海では亀ゼリーはスーパーやコンビニでも販売していて、お値段も非常に安価。加えて私事ではありますがお肌事情が以前より深刻になっているため、またもやチャレンジしてみることに。
スーパーで買ってもいいけど、せっかくなのでお店で食べてみることに。そんなわけで今回は亀ゼリー専門店「海老亀(かいろうき)」をご紹介します!

そもそも亀ゼリーって何!?亀のどの部分?

店内の様子。このときは空いていますが、食事中はほとんど席が埋まっていました 店内の様子。このときは空いていますが、食事中はほとんど席が埋まっていました

その前に亀ゼリーとは何かを少し説明すると、亀板(亀の腹の皮を乾燥させたもの)と漢方薬を煮詰めて固めたものだそう。これだけ聞くとげーっとなりますが、健康と美容(!)に非常に効果があるのだそうです
さてお店はローカルなレストランが立ち並ぶ「雁蕩路歩行街」にあります。
店内はこじんまりとして、中国風の家具がかわいらしい雰囲気。メニューは非常に豊富で、亀ゼリー以外にもマンゴーやパパイヤのデザートなども。日本語は通じませんが、メニューには品名だけでなく、効能についても全て日本語注釈がついています(でもやや微妙な日本語)。

高級食材燕の巣のせも…期待する効能に合わせて選ぼう!

雪蛤亀苓膏(雪蛤のせ亀ゼリー)。上に乗っているとろとろした白いものが雪蛤(ハスモ)。ちなみにゼリーの量はかなりたっぷりめ! 雪蛤亀苓膏(雪蛤のせ亀ゼリー)。上に乗っているとろとろした白いものが雪蛤(ハスモ)。ちなみにゼリーの量はかなりたっぷりめ!

亀ゼリー自体も、美肌効果があるとされる燕の巣や、排毒効果のある漢方薬入りなど、トッピングのバリエーションが豊富で迷います。私は店員さんの強烈なプッシュにより、何モノか分からないまま「雪蛤のせ亀ゼリー」を注文。店員さん曰く、とにかく肌にいいんだそう。
さてお味についてですが、亀ゼリーはやっぱりちょっと苦い…。苦みが苦手な方はシロップをかけて召し上がってください。でも過去食べたものよりおいしく、食感はぷるんぷるんして、なるほどお肌によさそうな感じ。雪蛤の方は特別匂いも味もせず、とろんとしています。

翌日のお肌はいつもよりぷるぷる うるりん

店内に飾られた亀の甲羅。リアルです(笑) 店内に飾られた亀の甲羅。リアルです(笑)

さて気になる効果のほどですが…その前に家に帰ってから調べたら「雪蛤」とは「カエルの子宮の周囲の脂肪」なのだそう! ちょっとショックですが、燕の巣に匹敵する高級食材で、やはり美容効果が優れているとのことなのでやむなし!
亀ゼリー×雪蛤のダブルパワーのおかげあってか、翌日のお肌はいつもよりぷるぷるのうるうる!! 特に潤いの方を強く実感しました(個人差はあると思います)。上海で高級エステに行くのもいいけれど、こんな手軽な「食べる美肌エステ」もオススメです!
人気の観光地「新天地」からも近いので、帰りに立ち寄ってみてはいかが?

【関連情報】

「海老亀(かいろうき)」の入り口です。この看板を見つけたらぜひ立ち寄ってみてください 「海老亀(かいろうき)」の入り口です。この看板を見つけたらぜひ立ち寄ってみてください

■海老亀(かいろうき)
住所:上海市雁蕩路41号2 (淮海中路との交差点近く)
電話:(+86)21-5383-9997
営業時間:10:30〜23:00
お店までのアクセス:地下鉄1号線「黄陂南路」1号口を出て、「淮海中路」を左(西)方向へ。歩道橋を渡り淮海中路を直進したのち、「雁蕩路歩行街」を左折(南下)。少し歩くと左側にお店があります。徒歩約10分。帰りも同様に。
また、新天地からも徒歩10分ほどです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索