page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ひょっとしたら掘り出し物に出会えるかも?上海の骨董ストリート「東台路古玩市場」


掲載日:2008/06/16 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 上海

タグ: お土産 ショッピング 屋台 雑貨 市場


一歩間違えればガラクタ市、気軽に散策してみよう

ちょっと小洒落たアンティーク時計。一応オメガって書いてありますが…どうだろう…。写真左上は秒針に合わせ毛沢東が手を振る時計。これもよく見かけました ちょっと小洒落たアンティーク時計。一応オメガって書いてありますが…どうだろう…。写真左上は秒針に合わせ毛沢東が手を振る時計。これもよく見かけました

ちょっといいお店やホテルなんかで見かける中国のアンティーク品、素敵なものが多く惹かれますよね。上海には大陸中から多くの骨董品が集められているようなのですが、骨董品を選ぶのって実はすごく難しい…。目利きができないと偽物や安物を掴まされてしまうかもしれないし、なんだか素人には手を出せない領域という感じがします。
でも今回ご紹介する「東台路古玩市場」はそんなに堅苦しいところではなく、むしろガラクタ市に近い雰囲気。買う買わないは別にして、見て歩くだけでも結構楽しめるストリートなのです。

商品の良し悪しの前に、ツッコミどころが満載

東台路沿いに並ぶ骨董品の屋台。昼下がりの市場はのんびりムードに包まれています 東台路沿いに並ぶ骨董品の屋台。昼下がりの市場はのんびりムードに包まれています

西蔵南路沿いにある門をくぐれば、そこは小さな骨董店が立ち並ぶストリート。どの店にもこれでもかというくらい商品が並べられています。一見して「本当にいいものだったらこんな風に雑には並べないだろう…」という感じですが、そこが中国っぽいです(笑)。ホコリも被っちゃってます。まあ細かいところを気にしていてもつまらないので、このインチキ臭さを楽しみながら冷やかすのが、ここでの一番楽しい歩き方かもしれません。お店の人ものんびりしていて、あまり声をかけてきたりしないので、落ち着いて見ることができます。

骨董品というよりお土産感覚?でもお宝が眠ってるかも

レトロ&人民解放軍ポスター。センス良くお部屋に飾ればよいインテリアになるかも レトロ&人民解放軍ポスター。センス良くお部屋に飾ればよいインテリアになるかも

さてどういう商品が多いかと言うと、陶器の器や壺、アンティーク時計、毛沢東&人民解放軍グッズ、レトロなポスター、オルゴール、なぜか兵馬俑のレプリカなど、本当にいろいろです。途中から骨董品というより、お土産屋さんに近い気すらしてきますが、何か買うとしたらそのくらいの気分の方がいいかもしれません。「部屋に飾ったら結構かわいいかも」と思うようなものはチラホラあります。でも骨董品について私がド素人なだけで、ツウの人から見たらものすごいお宝が眠っているのかも。骨董品に詳しい人はじっくり探してみてください。

購入するときは値引き交渉をしっかりと!

たくさん見かけた毛沢東&熱狂する人民の置物。これって一体だけ買っても…まとめて買うのかな?謎です たくさん見かけた毛沢東&熱狂する人民の置物。これって一体だけ買っても…まとめて買うのかな?謎です

何か気に入ったものを見つけた場合、値段はお店の人と交渉になります。ここでは思いっきりふっかけられる可能性が高いですから、こちらも思いっきり値切ってください。日本人は言い値の半分まで値切ると満足して帰っていく場合が多いそうですが、それでもかなりボラれていると思ってください(もちろん場所にも寄りますよ!)。
お土産程度に買うようなものについては、同じものをこの市場のあちこちで見かけるので、もし気に入ったものがあっでもすぐに買わないこと!なるべく状態のいいものを安く買うのが中国での買い物の醍醐味です!

【関連情報】

髪の毛をくるくるっとまとめるときに刺して使うピン。いろんな石がついていてかわいいです 髪の毛をくるくるっとまとめるときに刺して使うピン。いろんな石がついていてかわいいです

■上海東台路古玩市場
住所:上海市東台路
営業時間:9:00〜17:00
※時計など機械のものを購入する場合は、必ずその場できちんと動くかどうかの確認をしましょう!

【お店までのアクセス】
地下鉄1号線「黄陂南路」駅よりタクシーで約5分。徒歩の場合はちょっと遠回りですが、淮海中路を東に向かって歩き、西蔵南路を南下し向かって右手にある門から入るのが一番簡単。約15分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索