page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ラーメンの発祥地中国で、上海の人たちにも人気の蘭州ラーメンを食べよう


掲載日:2008/07/09 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい グルメ 麺類


中国のラーメン、その種類はさまざま

牛肉拉麺(小)、5元(約75円)。かなり量が多いので、女性なら小サイズで満腹になると思います 牛肉拉麺(小)、5元(約75円)。かなり量が多いので、女性なら小サイズで満腹になると思います

日本で衰える兆しのないラーメンブーム。私もラーメンは大好きで、日本にいたころからよく食べています。そして今いる中国はラーメンの発祥地。当然興味がないはずがありません。
上海に来る前は、中国のラーメン=日本の中華料理屋で出てくる中華めん、と勝手に想像していましたが、実は全く別モノ。見た目も味も違うし、日本のラーメンには必須である「コシ」がない麺がほとんど。じゃあ美味しくないかというとそんなことはありません! 数ある麺の中でも、特に人気があり私も一番よく食べている「蘭州ラーメン」を今回はご紹介します。

蘭州ラーメンとは…

まず蘭州ラーメンについてですが、青海省の回族の庶民が作った牛肉ラーメンがその起源とされ、後に蘭州に伝わったとされています。
スープは牛骨や牛ホルモンから出汁をとった清湯という透明なスープに何種類ものスパイスをまぜ合わせて作られているそうです。
また、本場の蘭州ラーメンには「澄・白・紅・緑・黄」という5大特徴があり、その意味は、香り高く澄んだスープ、白く清らかな付け合せの大根、スープ上には真紅の唐辛子だれ、新鮮で青々とした香菜・ニンニクの芽、喉越しのよい透き通るような黄色い麺、という事なのだそう。

注文してから麺を打ち始める…その手さばきに注目!

麺づくりをしているところ。あまりにも早すぎてちゃんと写りません!ちなみにこのお兄さんは回族の人ではないもよう… 麺づくりをしているところ。あまりにも早すぎてちゃんと写りません!ちなみにこのお兄さんは回族の人ではないもよう…

蘭州ラーメンのお店は上海の至るところにあります。2年前は入店するのを躊躇するくらい衛生面が不安な感じでしたが、最近は清潔感のあるお店が増えてきました。と言っても店内は相変わらず質素。回族の人たちが営んでいる店が多く、イスラム教徒の証である白い帽子をチョコンと被った男性が忙しく立ち働いているのをよく見ます。
今回は定番である牛肉拉麺と、私の好きな牛肉刀削麺を注文。
注文してから麺をタネの状態からひゅんひゅんと振り回し、引き伸ばしてどんどん細くしていき、麺を完成させます。その鮮やかな手つき、必見です!

さてさてそのお味やいかに…

牛肉刀削麺(小)5元。ちなみに大でも6元!こちらも鍋に削り入れるさまを見ることができます 牛肉刀削麺(小)5元。ちなみに大でも6元!こちらも鍋に削り入れるさまを見ることができます

さあほとんど待つ暇なく、二つのラーメンがテーブルへ! どちらも麺の形状以外は同じで、麺の上には薄切りの牛肉とタップリの香菜(パクチー)とネギが載せられていて、食欲をそそります!
牛肉拉麺の麺はそうめんのような細さで、中国のラーメンにしてはコシがあります。一方、刀削麺はモチモチして、九州のだご汁を思わせる食感。どちらを選ぶかはお好みで。
スープは非常にアッサリしていて、例えるなら日本の塩ラーメンに近いシンプルなお味。これだけでゴクゴクいけます。
日本のラーメンとはまた違う風味の蘭州ラーメン、ぜひお試しあれ♪

【関連情報】

青い看板が目印 青い看板が目印

■蘭州正宗牛肉拉麺
上海の至るところに店舗あり。営業時間は店によってまちまちですが、深夜まで営業しているお店が多いようです。
※メニューは店内に張り出してあり、値段も記載されているので注文が簡単です。基本、食後払い。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索