page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お茶を食べる!?中国茶葉を使った創作中華料理レストラン「秋萍茶宴館」


掲載日:2008/08/27 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい お茶 グルメ レストラン


全てのお料理に茶葉を使った創作中華料理

「太[木及]碧螺春」※(碧螺春茶粉入り鶏煮凝りの太極図づくり)。見た目も美しいスープです 「太[木及]碧螺春」※(碧螺春茶粉入り鶏煮凝りの太極図づくり)。見た目も美しいスープです

上海に来たら外せないのが中国茶。中国全土からあらゆる茶葉が集まり、日本では珍しく高価なお茶であっても、こちらではお安い値段で飲んだり、買ったりすることが可能です。いろいろ試飲して、自分用やお土産に大量買いしていく友人も多く、お茶市場などにも度々案内しています。
でも今回ご紹介するのは、そういった普通のお茶屋さんではありません! ちょっとひとひねりして、「食べるお茶のお店」。全てのお料理に茶葉を使った創作中華料理が楽しめて、健康にもよいレストランなのです。

お茶の種類は非常に豊富。貴重で高価なものも

今回注文したのは何年ものか忘れたけど雲南のプーアール茶。プーアールだけでもかなりの種類がありますよ! 今回注文したのは何年ものか忘れたけど雲南のプーアール茶。プーアールだけでもかなりの種類がありますよ!

お店の名前は「秋萍茶宴館」。
店内は中国アンティーク家具が並び、茶館の雰囲気そのものです。
こちらのオーナーの一人劉秋萍さんは、中国茶道会ではかなりの著名人だそうで、用意されているお茶の種類の豊富さにも納得です。お茶はいいお茶を揃えていることもあり、お値段は総じて高め。中にはビックリするような高価なお茶もありますが、お茶好きな方ならこの機会に試してみるのもいいかもしれません。
ティーサロンが併設されているので、そこでお茶だけを楽しむこともできますが、今回の目的は何と言っても「お茶料理」。さてその気になるお料理の中身は…?

一品ごとの見た目の美しさにビックリ!

「曲院風荷」。ちなみに蓮の部分は飾り物なので食べられません! 「曲院風荷」。ちなみに蓮の部分は飾り物なので食べられません!

コース料理もありますが、今回はランチで訪れたこともあり、アラカルトで注文。なお、メニューは一部、写真付きでかつ日本語訳のあるものがあるので安心です。また、各料理ともテーブルに出した時に料理の内容の説明を長々としてくれますが、残念ながらすべて中国語なので、場合によっては割愛してもらっても(笑)。
まずは右画像の「曲院風荷」(茶粉末を使った肉と玉子詰めレンコン)。杭州の西湖十景のひとつをそのままとった名にふさわしく、中央に蓮の花が飾られています。こちらは味付レンコンコロッケという感じで、シャキシャキして美味

上品な味で体にも良さそうな料理の数々

「茶農春運」(茶粉末を使った鶏肉の包み蒸し)。見た目もかわいらしい一品です。こちらも美味! 「茶農春運」(茶粉末を使った鶏肉の包み蒸し)。見た目もかわいらしい一品です。こちらも美味!

次に一番上の画像のスープ、「太[木及]碧螺春」※。店員さんが一人分ずつ取り分けてくれるのですが、その際も小さいお椀に太極図を描いてくれます。これは粉末状にした鶏干し肉、魚の干し肉、干し貝柱を鶏ガラで煮込んだスープに、碧螺春茶粉と野菜で作ったペーストを添えたものなのだそうで、お味の方はというと、すごくおいしい!ダシの効いたさっぱりスープという感じで、食感がサクサクするのが不思議。
全体的に見た目が美しく美味しい料理が多いと感じたこのお店、お茶好きなかたはもちろん、一風変わった中華料理を楽しみたい方にお勧めです!

【関連情報】

お店の入り口。巴黎時韻大厦というビルのロビーに入ってすぐ左側。正面にはティーサロンがあります お店の入り口。巴黎時韻大厦というビルのロビーに入ってすぐ左側。正面にはティーサロンがあります

■秋萍茶宴館
住所:上海市襄陽南路500号 巴黎時韻大厦(建国西路近く)1F
電話番号:(+86)21-62125758
営業時間:11:00〜22:00、年中無休
ホームページ:www.china-teafood.com

■お店までのアクセス
地下鉄1号線「陜西南路駅」「常熟路駅」「衡山路駅」の各駅からタクシーで約5分

※[ ]内は一文字です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索