page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

上海人が愛する、昔ながらの老舗洋食屋さん


掲載日:2008/10/21 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい グルメ スイーツ レストラン 行列のできる店


大通りから一歩入った、老舗洋食屋さん

上海の発展を見つめ続けてきた『新利査(Richard)西菜館』 上海の発展を見つめ続けてきた『新利査(Richard)西菜館』

昨日行ったお店が、今日はなくなっていた。そんな話も珍しくないほど、日々発展し続ける上海ですが、そんな中、昔から変わらぬ味で、庶民に愛し続けられている老舗レストランが、繁華街から一歩入った場所にあります。木立に囲まれた通り沿いで営業している『新利査(Richard)西菜館』は、昔ながらの上海風洋食を味わえるレストランで、創業はなんと1930年代! 通りを少し歩くと大学もあり、学生やお年寄りに愛される洋食屋さんとして、長年地元の方々に親しまれてきました。

あたたかい空間で、1930年代にタイムスリップ

店内は落ち着いた雰囲気で、外の雑踏を忘れてしまうそんなひと時が味わえます 店内は落ち着いた雰囲気で、外の雑踏を忘れてしまうそんなひと時が味わえます

店内に一歩足を踏みいれると、こぢんまりとして落ち着いた雰囲気に包み込まれます。あたたかい照明に照らされた木のテーブルには、淡いピンクや純白のテーブルクロスがかけてあり、とても清潔感のある内装です。庶民の洋食屋さんでありながら、店員さんも皆さんスーツを着て注文を受けています。食事時になると、1階と少し変わったつくりの2階が、あっという間に満席になり、行列が外まで続く賑わいようです。お客さんの中には昔からの常連客も多く、メニューを見ずに注文するお年寄りも目にします。

中国ならではのボリューム満点メニュー♪

写真向かって左・新利査濃湯(9元)右・黒胡椒腓利(22元)。低価格でありながら、どれも丁寧かつボリューム満点! 写真向かって左・新利査濃湯(9元)右・黒胡椒腓利(22元)。低価格でありながら、どれも丁寧かつボリューム満点!

新利査西菜館のメニューは、なんと50種類以上ありますが、中でも『新利査濃湯(ミネストローネ)』と『黒胡椒腓利(牛肉の黒胡椒ステーキ)』は大人気! ミネストローネはマッシュルームなど野菜がたっぷり入った健康スープで、ステーキはわざわざ好みの焼き加減で出してくれ、焼きたてを濃厚なソースと一緒に頂く本格派です。こんなに丁寧な老舗洋食屋ですが、お値段がなんと2元〜30元(約30円〜450円)前後と信じられない低価格。そしてお酒もビールやワインに加え、中国ならではの紹興酒も楽しむことができます。

最後は上海人好みのスイーツで

焼きたてプリンは、底にあん・上はタピオカの二層。混ぜずに食べると、後であんだけが残ってしまいます 焼きたてプリンは、底にあん・上はタピオカの二層。混ぜずに食べると、後であんだけが残ってしまいます

様々な食の欲求を満たしてくれる上海ですが、地元の方にはどんな味が好まれるのでしょうか。実は、生クリームだけを平らげてしまうほど、上海人は大の甘党なんです。ここのスイーツもそんな上海人好みの味付けに仕上げてあります。中でも創業以来大人気の『プリン』は、普段日本人が食べる卵と牛乳を使ったものではなく、中にあんとタピオカが入ったもので、焼きたてを食べさせてくれます。ホカホカのあんとタピオカは中華風洋菓子といった感じで、プチプチしたタピオカの食感がたまりません。このプリン、とにかく甘いので、珈琲と一緒に注文されることをオススメします。

【関連情報】

■新利査(Richard)西菜館
住所 〒200030 上海市徐匯区広元路196号
アクセス 上海交通大学より徒歩約5分・徐匯区駅より徒歩約10分
電話 021-62828618
営業時間 月〜日 11:00〜20:30
定休日 年中無休
※国慶節など大型連休の際、臨時休業有。都合により早い時間に閉店することもありますので、ご注意ください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索