page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

芸術の秋・上海の秋、2年に1度のアートを「上海美術館」で体感


掲載日:2008/10/23 テーマ:歴史 行き先: 中国 / 上海

タグ: お得 イベント 秋にオススメ 美術館


2年に1度の興奮と感動は、見逃せない!

1933年、競馬場のクラブハウスとして建設された建物は、大きな時計が印象的なイギリス式建築。2年に1度の双年展は、この美術館で開催される 1933年、競馬場のクラブハウスとして建設された建物は、大きな時計が印象的なイギリス式建築。2年に1度の双年展は、この美術館で開催される

上海には沢山の美術館がありますが、中でも市中心にある『上海美術館』は、美術館として、また歴史建物としても大変美しく有名です。その上海美術館で、2年に1度『上海双年展(shanghai Biennale)』という催しが大々的に開催されます。毎回テーマが設定され、その中でアーティストが独自の表現を展開するのですが、第7回目をむかえた今年は『快城快客(Trans Local Motion )』、移り変わる上海の様相や住民の生活をテーマとし、中国人アーティストの作品を中心に、世界各国の素晴らしいアートが、芸術の秋真っ盛りの上海でたっぷり堪能できます

文化・歴史・鉄道、様々なファンの興味を揺さぶるアート

変わりゆく上海の地図の中で、日本人租界も発見!興味がある方は、骨董街で似たものを探されても、面白いですよ♪ 変わりゆく上海の地図の中で、日本人租界も発見!興味がある方は、骨董街で似たものを探されても、面白いですよ♪

静かに、ゆったりアートを楽しむというよりは、体中で刺激を感じることができる双年展。その入口前は、毎年恒例になりつつある長蛇の列! 私の友人もこのイベントの素晴らしさに1ヶ月で2度も足を運んだほど毎年大盛況です。展示方法も大スケールで、室内だけにとどまらず、屋外や壁などいたるところに! また、今回は上海の生活をテーマにしていますから、昔実際に使われていた機関車や古地図など、普段アートはよく分からないと敬遠される方にも、とても興味が持てる展示内容になっています。

身近なアートだからこそ、共感が持てる

小学生が決められた木枠の中で表現した作品。どの国の子供も勉強が嫌いなのか、見ていて微笑んでしまいます 小学生が決められた木枠の中で表現した作品。どの国の子供も勉強が嫌いなのか、見ていて微笑んでしまいます

今回、特に面白いと思ったもの!それは、一般公募された作品です。上海美術館の裏手には、大きな壁があるのですが、その壁一面無数に張られた様々な写真があります。色とりどりの写真は一見完成された一枚の絵画のようですが、ひとつひとつは、地元の方が持ち寄った日常のポートレートや風景写真からできています。日本人が見ても、どこか懐かしく郷愁を覚える写真に、心がほんのり温かくなっていくようです。また小学生の作品も展示してありますが、日本と中国の生活文化の違いなどがリアルに読み取れ、細かな描写の素晴らしさに、驚いたり、ほほ笑んだり。お子様連れにもオススメです。

コーヒー片手に、老上海のお散歩

町の至る場所で、昔の上海の面影を垣間見ることができます。四季折々に違う顔を見せる情景は、まさにアートです 町の至る場所で、昔の上海の面影を垣間見ることができます。四季折々に違う顔を見せる情景は、まさにアートです

たっぷりアートを楽しんだ後、手元に残る1枚のチケット。記念に持ち帰るのも素敵ですが、実はこれ、あるものに変身しちゃう特典付きなのです。このチケットは25元(約375円)と誰もが楽しめる価格でありながら、なんと最寄の『星巴克(Starbucks Coffee)』で指定されたコーヒーと交換してくれるんです。双年展をたっぷり楽しんだ後は、秋の風を感じながら、暖かいコーヒーを片手に少しお散歩はいかがですか? 老上海を訪ねれば、あなただけの特別なアートがきっと見つかりますよ。

【関連情報】

■上海美術館
・上海双年展(shanghai Biennale)
住所 南京西路456号
アクセス 地下鉄人民広場駅下車 徒歩約5分
電話 021-6327-2829
開館時間 10:00〜17:00
定休日 年中無休
HP http://www.shanghaibiennale.com/
開催日程 2008.9.9 - 11.16

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索