page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界三大美女『楊貴妃』も愛した美の秘訣!中国コスメをお土産に


掲載日:2009/01/21 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 上海

タグ: お土産 コスメ ショッピング


真の美しさとは?アジアンビューティーの秘訣

メイクの前に、体調と基礎化粧が大事!これは中国人女性からよく聞く言葉です。内面からの美しさは大切ですね メイクの前に、体調と基礎化粧が大事!これは中国人女性からよく聞く言葉です。内面からの美しさは大切ですね

多くの女性に共通する興味の一つに、『美』がありますね。私もその一人なのですが、もっと体をひきしめたいとか、もっとメイクが上手になりたいとか、その欲望が尽きることはありません。中国にいると、メイクをしていない女性が圧倒的に多いので、あまり関心がないのかなと感じることもありますが、話しを聞いてみると、見た目の美しさよりも、スキンケアで肌そのものを美しくすることや、食べ物で体内から清浄化することなど、内面からの美しさを大切に考えているようです。そんな美にひた向きな中国女性にも長年愛用されている基礎化粧品をご紹介します。

化粧品以外も豊富な品揃え、隠れたおもしろスポット!

地元の方々にも長年愛されている総合薬局。値段も明記してあるので、購入時も安心。見ているだけでも楽しめる 地元の方々にも長年愛されている総合薬局。値段も明記してあるので、購入時も安心。見ているだけでも楽しめる

【上海市第一医薬商店】このお店は、有名な南京東路の人民広場側付近で営業する薬や医療品の総合商店です。店内には、冬虫夏草や朝鮮人参、変わったものではタツノオトシゴなどがずらりと並び、中国だなぁ〜!と圧倒され、見ているだけでもワクワクしてきます。こちらは観光客だけでなく、地元の方々も多く利用しているため、観光客目当てにしつこく声をかけられることもないので、安心してゆっくり楽しむことができます。日本ではあまりお目にかかることのない漢方薬の材料を、是非ご覧になってみて下さい。

東洋医学の知恵から生み出された中国コスメ

女性に限らず男性にも人気の中国コスメ。値段がお手頃なので、顔だけではなく全身の気になるところにたっぷりと贅沢に使用できるのが嬉しい 女性に限らず男性にも人気の中国コスメ。値段がお手頃なので、顔だけではなく全身の気になるところにたっぷりと贅沢に使用できるのが嬉しい

店舗の2階に進むと、中国コスメを扱っているブースがあります。思った以上に多種多様なので、ちょっと迷ってしまいますが、自分が気になっていることを日本語で店員に伝えると、いくつかオススメの商品を紹介してくれ、その場で試すこともできます。東洋医学から生み出された中国コスメは、霊芝や朝鮮人参・シルクや真珠などを配合しているものが多く、中国女性にも大人気です。お値段も安いものは40元(約600円)から、高価なものでも100元前後(約1500円)と大変お手頃で、男女を問わず人気がありお土産としてもとても喜ばれます。

見た目も豪華!効果も抜群!

中国では真珠の粉が美しさを保つ薬として古くから珍重されてきました。楊貴妃や西太后が酢に溶かすなどして使用していたことでも有名です 中国では真珠の粉が美しさを保つ薬として古くから珍重されてきました。楊貴妃や西太后が酢に溶かすなどして使用していたことでも有名です

以前日本の雑誌で、牡丹が目印の『迷奇』というブランドが紹介されているのをよく見かけましたが、今回はそれよりワンランク上の『PROSKIN』 をご紹介します。この化粧品は見た目がとにかく豪華で、中には金箔や真珠の粉などが惜しげもなく入っていて光り輝いています。塗ると肌に金箔が残るのでは?と心配したのですが、驚くほど肌にスーッと馴染んでいきます。保湿効果が高いのですが、かと言ってべたつかず、使い心地も香りもとても優しいシリーズです。特にオススメのパックは、10枚入りで88元(約1320円)のもの。使用後のモチモチ潤い肌を是非感じてみてくださいね。

【関連情報】

【上海市第一医薬商店】は、南京東路を外灘方面に向かって左側にあります。青い看板が目印です 【上海市第一医薬商店】は、南京東路を外灘方面に向かって左側にあります。青い看板が目印です

■上海市第一医薬商店
住所:南京東路616号
アクセス:南京東路(人民広場側入り口付近)
時間:9:00〜22:00
※2階中国化粧品売り場には、日本語が多少話せるスタッフがいます
※効果には個人差があります。店頭でお試しの上ご購入されることをオススメします

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索