page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

上海オールドホテル金門大酒店周辺徹底ガイド!


掲載日:2009/07/24 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 上海

タグ: 街歩き 美術館


宿泊は魅力あふれるオールドホテルに決まり!

レトロで落ち着いた雰囲気が観光客にも人気の金門大酒店 レトロで落ち着いた雰囲気が観光客にも人気の金門大酒店

上海の象徴と言える外灘を歩くと、ずらりと並ぶ西洋建築が印象的ですが、こちらには外灘だけではなく街のいたるところに映画で見るような重厚感のある建物があります。それはレストランであったり、銀行であったり、現在の用途は様々ですが、その中でも是非足を運んで頂きたいのが趣のあるオールドホテル です。オールドホテルは私たちでも気軽に宿泊することができるため、上海を訪れる人々に根強い人気があります。数あるオールドホテルの中から今回は人民広場を望むように建つ金門大酒店 をご紹介します。

最高の立地条件でらくらく観光

人民広場側の客室からは、歩行者天国の南京東路も一望できる。天気のいい日は東方明珠も見ることができます! 人民広場側の客室からは、歩行者天国の南京東路も一望できる。天気のいい日は東方明珠も見ることができます!

金門大酒店は1926年創業の老舗ホテルで、当時はこの周辺で最も高い建物でした。1989年には歴史的価値が高い事から上海市文物保護単位に指定され、後世に残されることが決定しました。ホテルは大きな時計台がトレードマークのどっしりとした外観で、内部は天井の高いエントランスホールがあり、パルテノン神殿のような円柱が印象的です。金門大酒店は初めて上海旅行をされる方には特におススメで、目の前には人民広場、そして歩行者天国として有名な南京東路まで目と鼻の先、さらに外灘まで歩いて行くこともできるという、最高の立地条件なんです!

歩いて数分圏内に沢山の文化施設あり!

上海美術館の外観もとても美しく、国内外の観光客で連日賑わっている 上海美術館の外観もとても美しく、国内外の観光客で連日賑わっている

金門大酒店を出て南京西路を静安寺方向に5分程度歩くと、上海美術館があります。こちらは1933年競馬場のクラブハウスとして建設されたイギリス式建築です。年中無休でアートを楽しむことができ、中には美術書を閲覧できる図書室もあります。また、ホテルの目の前にある人民公園内を延安東路方向へ3分程度歩くと青銅器の「鼎(かなえ)」をイメージして作られた上海博物館があります。こちらも年中無休で青銅器・陶磁器・書画・絵画・古銭など展示があり、日本語ガイドが流れる機械の貸し出しもあります。他にもホテル周辺には上海城市規画展示館など様々な文化施設がありますので、是非お立ち寄り下さい。

歩いて5分で絶品ローカルお菓子を頬張れる!

色どりがかわいい串刺しの果物。サンザシは美容にも良いことから、中国人女性にも大人気。甘酸っぱい味が病みつきになります! 色どりがかわいい串刺しの果物。サンザシは美容にも良いことから、中国人女性にも大人気。甘酸っぱい味が病みつきになります!

ホテルから南京東路へ徒歩約5分の場所に「三陽南貨店」というお店があります。ここは様々な食品を取り扱っていて、有名な金華ハムをまるごと売っていたり、小さな袋に入ったお菓子を量り売りしていたりと、いつも大勢の人で賑わっています。沢山の食品の中には観光地でなかなか見ることのない、絶品ローカルお菓子もあります。おススメは、こんがり焼かれた肉月餅一個3元(約45円)。サクサクのパイ生地の中にお肉がたっぷり入っていて、お店でアツアツを食べることができます。買い忘れたお土産の調達に、また小腹がすいた時におススメのお店です!

【関連情報】

■金門大酒店(PACIFIC HOTEL)
住所:南京南路108号
アクセス:地下鉄人民公園駅下車徒歩約1分
電話:86-21-63276226
FAX:86-21-63750350
HP:http://pacific.jinjianghotels.com/
メールでのお問い合わせ:shpacific_hotel@yahoo.com.cn
※日本語は通じません
■上海美術館 住所:南京西路456号
開館時間:10:00〜17:00
■上海博物館
住所:人民大道201号
開館時間:9:00〜17:00 
■上海城市規画展示館
住所:人民大道100号
開館時間:9:00〜17:00
■三陽南貨店
住所:南京東路630号

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索