page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ちょっぴり穴場のショッピングエリアで、旅先でもかしこくお買い物


掲載日:2010/02/22 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 上海

タグ: お得 ショッピング 穴場


デパートとは一味違うローカルショップ

地元の人に聞かなければ、ちょっと分からないようなお買い物エリアです! 地元の人に聞かなければ、ちょっと分からないようなお買い物エリアです!

想い出に残る品を買うのは、旅先の楽しみではかなり上位に入りますよね。有名なデパートや免税店で買い物する時は、安心感もありますし、時間がない方にもとても便利です。それとは別に地元の方たちが利用するような地域に密着したスポットは、デパートなどとちょっと違う雰囲気を持っていて、旅の好奇心をグッと引き上げてくれるような気がします。今回ご紹介する上海小馬路は、以前上海人の同僚が「実はあそこに行ったら結構いいものがあるんだよ」と教えてくれた、ちょっぴり穴場のお買い物エリアです!

えっ!?ここに?と思うところにあるんです

公園の真下で縦横無尽に広がるショッピングゾーン。特に若い女性にとっても人気のエリア。 公園の真下で縦横無尽に広がるショッピングゾーン。特に若い女性にとっても人気のエリア。

上海小馬路がある長寧区中山公園は、市中心部から少し離れてはいますが、地下鉄2・3・4号線が集まる大変便利な場所です。駅の名前にもなっている中山公園はとても広々とした公園で、週末ともなれば凧揚げや中国ゴマの練習をする方、おしゃべりを楽しむ人たちで、いつも賑わっています。公園の周りにもいくつか大きなデパートはあるのですが、穴場と呼べるような買い物エリアが一体どこにあるの?と思われるかもしれません。上海小馬路はなんとこのデパートや公園の真下に広がっているんです!

お買い物は勿論、軽食だってOK

細い路地のような道の両側には、沢山の店舗が営業している。女性ものだけでなく男性ものもあり、カップルの姿も。なぜかよく見るフィギュアのお店、こちらでは結構人気だとか。 細い路地のような道の両側には、沢山の店舗が営業している。女性ものだけでなく男性ものもあり、カップルの姿も。なぜかよく見るフィギュアのお店、こちらでは結構人気だとか。

地下に行くと、小さな店舗がずらりと営業しています。中国ではお店がひしめき合う中で、沢山の物を売る光景はめずらしくありません。この様な場所で少し困るのが、あまりにも物が多すぎてお気に入りを探すのに、莫大な時間を費やしてしまうということです。しかしこの地下街は、かなり整備されていて、ごちゃごちゃ感が少ないので、慣れない方でも気軽にショッピングを楽しむことができます。また扱っている商品も洋服・靴・アクセサリー・眼鏡・フィギュア・化粧品はたまたデザートや軽食・ネイルサロンまでとにかく様々!店側のコンセプトも分かりやすいので、目星をつけて入店できます。

値段交渉にチャレンジしてみよう

洋服以外に、バッグやアクセサリー類もとっても充実しています。品揃えも豊富なので、どれを買おうか悩んでしまいます。 洋服以外に、バッグやアクセサリー類もとっても充実しています。品揃えも豊富なので、どれを買おうか悩んでしまいます。

嬉しいのは品揃えだけではなく、その価格!店側は毎日値切り上手な上海人を相手にしていますので、もともとの金額から交渉次第ではかなりお安くしてくれます。私はここで洋服や小物類を買う事が多いのですが、ちょっと探すと国外へ輸出する物のB級品にもお目にかかれますし、勿論値段も格安なので、宝物探し感覚で楽しんでいます。今回春色のストールを買いましたが、これも実はあるメーカーのB級品。もともと80元(約1200円)だった物を値切りに値切って、なんと半額の40元(約600円)で購入できました。皆さんもこれだ!と思ったら、上海パワーに負けないよう交渉してみてくださいね。

【関連情報】

■上海小馬路
住所:上海長寧区中山公園中山公園地鉄商城
アクセス:地下鉄2・3・4号線中山公園駅下車すぐ
※場所は地下鉄中山公園駅前の中山公園・龍之夢購物中心の真下です。
※店舗により営業時間・定休日など異なります。                 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索