page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

こんなに安くていいの?小さな名店「西施豆腐坊」のできたてぷるぷる豆腐を召し上がれ


掲載日:2012/03/06 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい グルメ 安い


安くておいしい物を知りたいなら、やっぱり「小吃」

中国で安くておいしいものといえば、やっぱり「小吃」。 中国で安くておいしいものといえば、やっぱり「小吃」。

中国の食文化で小吃(シャオチー)と呼ばれるものがあります。これは日本で言う「軽食」なのですが、中国の軽食は日本のそれとはちょっと違います。例えば餃子や小籠包、肉まんも小吃。麺類やちょっとした丼物も、さらに甘味も小吃と幅は広く、種類も豊富です。また最大の特徴は安さと出来上がるスピードで、学校帰りの子供たちから、お年寄りまで様々な人が気軽に買い求められ、朝から晩まで屋台や小さな店でワイワイ話しながら食べています。

地元の方たちに愛される食堂が、あの観光地にも

観光客向けの店が軒を連ねる豫園だが、地元の方々に愛され続ける食堂もあるので、見逃さないように。 観光客向けの店が軒を連ねる豫園だが、地元の方々に愛され続ける食堂もあるので、見逃さないように。

観光地と呼ばれるスポットで、なかなか小吃が食べられるようなローカル色の強いお店なんてないだろうと、諦めていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。しかし必ず足を運ばれるであろう観光名所「豫園」にも実はその様なお店があります。豫園周辺は観光客向けのお店がメインですが、よくよく探してみると、明らかに地元の方たちばかりで賑わっているお店がちらほらあるんです。今回ご紹介する「西施豆腐坊」もその一つで、安くておいしい豆腐料理を出してくれる、豫園の隠れた名店です。

小さいくても、博覧会で金賞を受賞する名店

レジのすぐ後ろが厨房。お品書きもあるが全てのメニューが書かれていない。書いていないものは「これが食べたい」と指をさせば食券をくれる。もらった食券は厨房の人に渡し、できあがりを待つ。 レジのすぐ後ろが厨房。お品書きもあるが全てのメニューが書かれていない。書いていないものは「これが食べたい」と指をさせば食券をくれる。もらった食券は厨房の人に渡し、できあがりを待つ。

歩行者天国の南京路とも交差している河南南路沿いに、豫園へ入る西門があります。そこをくぐるとすぐ右手に、小さな小さな西施豆腐坊というお店があります。20人入れるかどうかというくらいのお店ですが、2005年の上海国際餐飲博覧会で金賞を受賞した事もある知る人ぞ知る名店なんです。近所の人や、豫園内で働く方々が来店されるので、テイクアウトも可能です。店内でと言う方は、混みあう食事時は避けましょう。食べたい物が決まったら、まず食券を買います。中国語が分からない方は、目当ての品を指して「これこれ」とジェスチャーすれば大丈夫です。

寒い季節にぴったりの、あったかぷるぷる豆腐花

軽食屋と言えどメニューは豊富。各種豆腐料理の他、ラーメンやワンタン、見た目がお肉そっくりな豆腐の精進料理などもある。近所の学生などもテイクアウトしていくほど、地元でも大人気のお店だ。 軽食屋と言えどメニューは豊富。各種豆腐料理の他、ラーメンやワンタン、見た目がお肉そっくりな豆腐の精進料理などもある。近所の学生などもテイクアウトしていくほど、地元でも大人気のお店だ。

私のおススメは、この寒い季節にぴったりの豆腐花です。味は塩辛いのと甘いのどちらか選べます。塩辛い方はだし醤油がかかったおぼろ豆腐に、ザーサイや小エビ、ネギを合わせたもの。甘い方は杏仁豆腐の味に似たものです。大きめのお椀にたっぷり注がれた豆腐は、ぷるぷるのアツアツで、テーブルに置かれた唐辛子味噌を加えても絶品です。値段は塩辛い方が4元(約56円)、甘い方が6元(約84円)と激安!豆腐料理以外にもラーメンやワンタン(9〜12元程度)、臭豆腐やタニシなど沢山のメニューがありますので、できたてを是非味わって下さいね。

【関連情報】

特にお昼時は混みあいます。豆腐花は専用のカップに入れて、持ち歩く事も可能です。 特にお昼時は混みあいます。豆腐花は専用のカップに入れて、持ち歩く事も可能です。

■西施豆腐坊
住所:上海市方浜中路454号
電話:021-5383-1733
時間:6:30〜18:30
定休日:年中無休
アクセス:上海老街の西門(河南南路側)を入ってすぐ右手
※日本語不可
※クレジットカード不可

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/03/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索